ママ が おばけ に なっ ちゃっ た。 楽天ブックス: ママがおばけになっちゃった!

署名活動についての詳細 [ ]• 【著者紹介】 のぶみ : 1978年、東京都生まれ。

5

それで、私がさんざん絵本を読み聞かせした息子(中2)に、この、のぶみ氏のインタビューを見せて、「これ、どう思う?」と、聞いてみた。 おばけになったママは、悲しむ息子のかんたろうが心配でたまりません。

9

おかしいよ、子どもが「産んでくれてありがとう」なんて。 「おひめさまようちえん」• 当たり前の存在だと思っているんです。

4

縁側で読み聞かせをする母の膝に寄りかかり至福の世界に浸った。

6

。 話を聞いてみると、ご自身も母親をすでに亡くされている方が多くて。 お母さんが死ぬというのは子どもがもっとも考えたくないことだ いなくなって初めて大切だってわかることは、いっぱいあるんです。

15

福島応援キャラクター「あたまがふくしまちゃん」を制作(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです). シャボン玉マシン (10秒で終わるので会場は、汚れません)• これから、二年目、あたまがふくしまちゃんをアニメ化にして、ゆるキャラグランプリ2014で総合一位を目指しますので、皆さん、引き続き、よろしくお願いします。

7

なぜ敢えて、子どもが嫌な気持ちになったり、親が悲しくなったりする本を読むんだ。 でもこれ、死んだママに言わせる必要が、あるだろうか。

6

作品 [ ] 絵本 [ ]• これから、東北復興のゆるキャラになるといいな。

6

しかし、シリーズ3作で累計55万部突破の絵本『ママがおばけになっちゃった!』のAmazon評価が賛否両論すぎると出版元の講談社自体も話題にしていたので、今回は一体どんな絵本なのか深堀りしてみたいと思います! 物語はお母さんが車にひかれて死んじゃう所から始まるからビックリですよ! 《作者:のぶみさん》 作者は、絵本作家ののぶみさん。 いい加減にしないか。 ママがおばけになっちゃった!• 2冊それぞれに、それぞれのメッセージを感じられる「ママがおばけになっちゃった!」シリーズ 著:のぶみ ママは、くるまに ぶつかって、おばけに なりました。

17