チンパンジー 共食い。 チンパンジー web猿図鑑|猿.com

『獣医さんだけが知っている動物園のヒミツ 人気者のホンネ』(辰巳出版)という、動物の不思議な生態をコミック仕立てにした本が好評となっており、筆者はその編集担当として参加した。 「アイツは失脚したから好きなようにしていい」「ボスだからってこき使いやがって」といわんばかりではないか。

6

喜びの表情を出すことができる動物は、他にはいません。

18

実際に、縄張り争いによって、広大な土地とエサを確保している集団も存在しています。 その体重を支えて枝から枝へ腕の力だけで移動するためには、ものすごい握力が必要ということがわかると思います。

16

また、人間の赤ちゃんがチンパンジーに食べられるという事件も何件か報告されています。 デビッドは、死体にほとんど触れようとしなかった。

11

彼は 体長180cm、体重90kgという、平均的なチンパンジーの倍のサイズを誇り、フロントガラスも簡単に叩き割ってしまう。 衛生的に管理された状態で肥育された家畜の肉であれば野生動物の肉と比較すれば安全だといえますが、焼き肉チェーンの集団食中毒の例が示すように何が起こるか判りません。 チンパンジーの世界でもボスは存在します。

8

メスは、230日前後の妊娠期間の後、1匹の赤ちゃんを産みます。 このようにチンパンジーには多様な道具使用が見られますが、実はこれらには地域差があります。

8

群れのナンバー2であったママドウという雄のチンパンジーが、足に深い傷を負ってしまったのだ。 オスで体長85cm体重オス40~60kg、メスは体長77cm体重30~45kgほどの大きさです。 また脚力も発達しており、垂直に4m近くジャンプすることができます。

そして、それから5年の後、かつての子分たちの手によって殺されてしまうのだ。

9

しかしその一方で、子は親に従属すべきもの、あるいは親の所有するものであるとの価値観も厳として存在している。

6