そう ぎゃら ん bam。 そうぎゃらんBAM

どうだろうか。 脳がバカになってる。

このフロウとリリックが相まって圧倒的な中毒性を生み出しているのがこの曲のすごさのひとつなのです。 2014年のライブをもって、惜しまれつつ解散した。

詳しくは をご確認ください。

10

Hiのふたりで、大幅に消費している。

9

ハイレゾ音質での再生にはハイレゾ対応再生ソフトやヘッドフォン・イヤホン等の再生環境が必要です。

9

お聴きのとおり、この「聴くドラッグ」成分は、売人・Diggy-MO'とBro. 1曲まるごと収録されたCDを超える音質音源ファイルです。

3

異次元のキャッチーさ。 そして始終、この調子である。

12

今回の「そうぎゃらんBAM」もです。 ey, 踊れ 踊れ テメェで dayz こころひとつで しゅびどぅどぅびどぅ るーびどぅどぅびどぅ tickili tickili tackili-tatt っとぉ yeah! なんか結果的に褒めているみたいになった。 通常のフロウならここも「いや」「違ぇ」「違ぇ」「坊主」「だ」で切ってもメロディのリズム的には通るのにあえてリズムを崩しながら歌っているのですが、この歌い方は坊主が経を読んでいてるときの独特なリズムにとても良く似ている。

まったく意味がわからない。 つかまるクリフハンガーが、ゼロである。 レコーディングには時間をかけて挑まれたそうで、「そりゃあそうだろうなあ……」と思います。