サーバント リーダーシップ。 サーバントリーダーとは? リーダーシップの種類とサーバントリーダーの役割

同時に自分にも耳を傾けて、その存在意義を部下との両面から考えられる。 サーバントリーダーシップは、単に先手を打って奉仕をすればそれでいいというテクニックそのものではありません。 従来型の「リーダー」との違い それでは、従来型のリーダー、所謂「支配型リーダー」と「サーバントリーダー」の違いを、7つの視点で比較してみましょう。

16

このような現代の経営環境で成果を上げるには、多様な価値観や能力を持っている部下の特性・資質を生かし、成果を上げながら組織が成長するようにしていく必要があります。 下手をすると甘えの構造ができあがってしまい、かえってリーダーとして示しがつかなくなります。 グリーンリーフ博士は、この物語を読んで、サーバント・リーダーシップ論を形成したとされています。

17

まとめ• 総合学園である青山学院のキリスト教教育において、このサーバント・リーダーの概念は幼児教育から高等教育に至るまで重要な位置を占めています。 サービス検索 /人事の課題解決に役立つ各種ソリューションを紹介• チームの成功を祝い、外部グループとの活動の構築を支援し、橋渡しをする。

7

サーバント・リーダーシップは、中央集権型の強いリーダーシップではなく、従業員に権限を与え、自らは奉仕する側に立つことで、柔軟で従業員がいきいきとした組織を作ることができるリーダーシップ論なのです。 これらが全体として意味するものは、そのリーダーたる人物が信頼に値するということだ。 特に重要なのは「傾聴」と「共感」です。

従業員満足と顧客満足の、両方を向上させられるのです。 参照:池田守男、金井壽宏著「サーバントリーダーシップ入門」かんき出版 従来の組織図では、一般社員がピラミッドの底辺を支え、ポジションが上がるほど上層に行き、社長や会長が頂点に君臨しています。

17

顧客ニーズの多様化や激しい時代の変化から、これまで上司が培ってきた経験や体験による指示・命令では解決できない課題も生まれるでしょう。

3

また、「世の光」としての生き方は他の人の導きとなり、そのことによってリーダー的な役割にもなります。 今回は、サーバントリーダーシップに該当する10の特性から、「支配型リーダーシップ」との違いを含め解説します。

19

また、サーバントリーダーシップで重要なのが、部下の 「目標や自己実現」です。 サーバントリーダーシップとは、従来の支配型リーダーシップとは真逆の、部下に奉仕し支援するタイプのリーダーシップを指す。

9