怖い 話 実話 短編。 特選怖い話

そうすると、強烈な金縛りにあったのだそうです。

2

夕方彼がお金を下ろしに行くととまんまと3百万円が入っていた。

「え、もしかしておめでた?」 つい聞いてしまったが、彼女の顔が曇ったのでやばいと思いました。 しかも、その猫は青い色をしていて、全体に薄く光っていたのだそうです。

とはいっても、保育園探しは困難を極めました。

17

183件のビュー• このお話は著者がサラリーマンだった時代の体験談です。 昔から霊感が強い方だとは言われていたし、 子供の頃には見たくもないものが見えたり聞こえたりすることはよくあったのですが、大人になってからは仕事に忙殺されて、そんなことすっかり忘れていたんです。

15

女性は何かの犯罪に巻き込まれる寸前だったのかもしれません。

人間の怖い話まとめブログ 結局人間が一番怖いって言いますよね。 あんたの分と妹の分ね」 そういっておじいさんはポチ袋を2つ手渡してくれました。 ある家の納屋から、珍しい形をした箱が出てきた。

7

固定客も数人でき気楽にチャットで稼いでいたが、その内の一人の態度が急変しとんでもない事態を引き起こす。

8

おばあちゃんの家にはたくさんの親戚が集まってかなり賑やかでした。