滑り台 手作り。 木製滑り台の製作

企業様団体者様などご希望の名前に変更可能なので お気軽にご相談ください。

ネットで調べてみると、とかには木製ありませんでした。 スーパーのダンボールはもちろん使用済みで表面が印刷されています。 以後5年ごとの塗装で15年以上使用できます。

16

が、さすがミニバンにしてよかったー。

10

<所要日数> 約4日間 <必要道具> メジャー、差し金、のこぎり、ドライバー、キリ(下穴用) <木ねじ寸法> 30 38 50 70mm の4種 <耐荷重性> 90kgのオヂサンが乗って滑っても全く問題なし <費用> 木材費用、約4k円 塗装費別途(1. なーんだ、結局素人にはメジャーを持っていって計ってみなけりゃ分からないということか。

いくつかの対応策が浮かびますが、一番工作が簡単な アウトリガー(踏ん張り足)方式を採用します。

17

組み立てが簡単なのがいい。

ただ100均クオリティではあるため、ペラペラの素材で何回か使っているうちに壊れてしまいそうではあります。 補強材の固定が終わったところです。 ダンボールなので、出来上がりがいびつでも、使っているうちに馴染んで たわんで 、気にならなくなります。

20