恐縮 する 意味。 【例文付き】「恐縮」の正しい使い方は?意味や注意点などを徹底解説

目上の人に意見する際に便利な表現で、形式的に謙虚さを示したい場合によく使われます。 ここでは、その中でもよく使われる恐縮ですのお決まりフレーズについてまとめました。 シーン別にみていきましょう。

3

「お手数ですが」は 相手の時間や手間に対しての陳謝を表す言い回しであり、「時間をとらせて申し訳ない」という気持ちを表します。 「ありがとうございます」という言葉では表現しきれないような、強い感謝の気持ちを「恐縮です」という言葉で表します。 恐縮の意味や使い方を知ってビジネスシーンで活かしましょう 恐縮の意味 「恐縮」とは「恐れて身がすくむ」「相手に申し訳なく思うことやその様子」「謙遜する気持ち」などの意味を持つ言葉です。

19

「恐れ入りますが」は、目上の人や、取引先、お客様に対して「敬意を払う」気持ちを表したり、「申し訳ない」と思ったときに使用する言葉です。 相手の勢いに圧倒されてちぢこまること」です。

3

ビジネスシーンでは、「甚だ恐縮ではございますが、今回は参加できません」のように使います。 使い方【2】:大変恐縮ですが宜しくお願い致します 上記でご紹介した、「お忙しいところ大変恐縮ですが」という言い回しと並んで、「大変恐縮ですが」を使用した言い回しの中でも、特に使用されることが多いのが、「大変恐縮ですが、よろしくお願いいたします」というフレーズです。 「恐縮ですが…」で相手に依頼したり承諾を得たりする• 恐怖で身がすくむこと。

「至極」とは、この上ないことや、もうこれ以上はないさまを意味します。

「僭越」の使用例 「僭越」という言葉は、乾杯やスピーチでよく耳にしますが、実際にはどういった使い方がなされるのでしょう。 2 物事が重大であること。 今回は、特に意味や解釈に戸惑いやすいと考えられる、「大変」と「恐縮」の意味について、考察していきます。

17