西郷 隆盛 写真。 西郷隆盛の写真

中央に西郷隆盛が描かれている。 また、土持政照と一緒に酒を飲んでいる様子がこの島のサイサイ節という民謡に歌われている。

この征討には木戸が反対して参議を辞めたが、西郷も反対していた。 このとき、西郷の推挙で兵部大輔・大村益次郎の後任に補されながら、能力不足と自覚して、先に下野していたは「宜シク西郷ノ職ヲ復シテ薩長調和ノ実ヲ計ルベシ、然ラザレバ、賢ヲ失フノ議起コラント」 という内容の書簡を太政大臣・三条実美に送っている。 写っているのは、 藩主の久治と島津宗家・宮之城家に仕える家臣団です。

橋本屋での2回目の会談で海舟から徳川処分案を預かると、総攻撃中止を東海道軍・東山道軍に伝えるように命令し、自らは江戸を発して静岡に赴き、12日、大総督・有栖川宮に謁見して勝案を示し、さらに静岡を発して京都に赴き、20日、朝議にかけて了承を得た。 これが後に英明藩主といわれた島津斉彬の目にとまり、やがて日本を舞台に活躍する足掛かりとなったのです。 西郷と同じ薩摩藩士出身の画家、床次正精( とこなみまさよし)の作品です。

8

9月16日、英・仏・蘭三カ国の軍艦8隻が兵庫沖に碇泊し、を迫った。 4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)で、これは昭和64年の『春日局』に次ぐワースト2位である。 直弼は、6月にに調印し、次いで主・(家茂)を将軍継嗣に決定した。

7

小田原瑞苛と断定したのは小田原を知っていた村の老女の証言による。 元々この写真は明治天皇や近藤勇を撮影した写真師・内田九一によって東京の九一万寿堂写真館にて明治2年に撮影され幾度も被写体が同定された。 また、斎藤充功氏の前出の著書の中で、『大久保利通の真正写真』を使った『スーパーインポーズ法』による鑑定によって、『スイカ西郷写真』の一番右側の人物が『大久保利通』であることが確認されました。

20

これらは西南戦争を通じて薩軍が持っていた弱点でもある。 それは、 幕末維新史を書き換える大スクープ写真として有名になりました。