マダラ 万華鏡 写 輪 眼。 万華鏡写輪眼!!!

イタチにとって相当辛い任務となったことは容易に想像ができます。

14

また、万華鏡写輪眼開眼後は鷹も口寄せ出来るようになっている。

これらの「二つ以上の性質変化を会得する」事はあくまで「使い分けられる」だけであり、二種類以上の性質変化を同時に起こす事はできない。

大蛇丸とはあくまで互いを利用し合っているに過ぎないために敬愛の情など皆無で、からしばしば言葉遣いを注意されていた。 能力 [ ] 忍者学校を首席で卒業し、下忍になった時点で基本的な術を使いこなせ、中忍レベルの術も使いこなすことができた。

9

第12位【0票】 うちはマダラの唯一の生き残りの弟で、戦乱の時代を生き抜いた実力者。 作中では大蛇丸が対象者の力を強制的に引き出す効果がある呪印を開発し、サスケやアンコ、音の五人衆らに施し力を与えた。 幻術(げんじゅつ) 対象に幻覚を見せる・催眠効果を及ぼすなど、対象の精神に作用する術。

8

三代目火影・猿飛ヒルゼンの在任時代に志村ダンゾウが「木ノ葉という大木を目に見えぬ地の中より支える」という目的で創設した秘密組織。

3

大蛇丸は他者の精神を自身の異空間に取り込んで覚める事のない眠りに落とし、対象者の肉体を乗っ取って自身の魂を移し替える禁術「不屍転生(ふしてんせい)」によって、半永久的な不老不死を可能とした。 そのため白眼の流出を防ぐために分家の者は「籠の鳥の呪印」を額に刻まれ、死亡した際に白眼を封印される。 霧隠れ 本編開始の10年前までは四代目水影・やぐらによる恐怖政治の影響で卒業試験は生徒同士が殺し合いを行うという過酷な内容だったが、桃地再不斬が同期生を皆殺しにした事件を契機に大規模な改革が行われた。

9

眼の移植後はトビのアジトにて眼を慣らすために休息していたが、第四次忍界大戦の2日目に自らの監視を担っていた白ゼツを始末し、行動を起こす。 潜影多蛇手• 時空間を飛び越える術であるため、肉体を活性化させて高速移動する「瞬身の術」とは原理が違うが、見た者からは「 凄まじく速い瞬身」のように映る。

9