自動車 重量 税。 自動車税の使い道はどのようなもの?重量税とは簡単にいうと?

自動車税と合わせて考えると、負担がとても大きくなると言えるだろう。 しかし、 実は車両購入の仕訳に使用する勘定科目は基本的には以下の5つだけ。

自動車の場合:原則3%• 簡単に自動車重量税と自動車税の違いを表にすると、こんな感じ。 財務省の資料には「現行、税率を75%軽減する自動車に係る軽減割合を50%とし、税率を50%軽減する自動車に係る軽減割合を25%とする」とあるので、これを図表にすると以下のようになります。 徴収猶予申請書• 何よりも、納めるタイミングが自動車税とはまったく異なります。

11

軽自動車税:軽自動車を保有している時に毎年支払う税金 これら3つの税金は、地方税として使われます。 そのため、事前にシミュレーションしておくことで、車検費用を計算しやすくなります。

1

つまり車検の残り期間によって、返ってくる額が大きく変わってくるわけです。 民生費:子育て・福祉サービス費用等• 毎年支払う車の税金は自動車税 車を持つと毎年自動車税を支払わなければなくなります。

10

ここでは、車を買う時にかかる税金の種類や、購入価格に対してかかる税金のシミュレーションをしてみましょう。 5t以下 12,300円 8,200円 11,400円 12,600円 〜1. 詳しくは自動車重量税の早見表を参考にしてください。 車両購入の仕訳・勘定科目4.租税公課 租税公課科目に含まれるもの 租税公課 自動車取得税 不課税 自動車重量税 車両購入の際にかかる 「自動車取得税」「自動車重量税」も費用として処理します。

2

・取得価格(購入価格の約90パーセントと仮定):270万円• 低公害車については、平成24年(2012年)5月1日以降に新車新規検査の際に納付すべき税額について減免または免除されます。

2