デジタル 人民 元 の 実証 実験。 蘇州市で2,000万元分のデジタル人民元の実証実験を実施(中国)

今回は店舗での支払いだけでなくオンラインショッピングにも使用可能となり、正式発行を想定した形となっている。

8

そしてこのウォレットに、デジタル人民元200元が振り込まれたという。

しかし、中央銀行が社会インフラとして発行するデジタル人民元は、すべての人が等しく利用できるように配慮することが求められる。 一方、日米欧の主要国は、世界の国々に先行してCBDCの発行準備を進めている中国に対して警戒を強めている。 近年、世界の中央銀行が、法定通貨のデジタル化(Central Bank Digital Currency、CBDC)への取り組みを進めているが、中国人民銀行のデジタル通貨開発には、主要先進国の中央銀行を上回る規模感とスピード感がある。

2022年までの北京オリンピックまでに遅くとも実運用されてるだろうな。 実証実験で使用されるのは、人民元をデジタル化した中央銀行デジタル通貨 CBDC である。

そこには、わが国の教訓があるだろう。

今後は官民連携による「シンセティックCBDC」への取り組みについても注目が集まることが予想されますが、国際通貨の秩序と通貨のデジタル化のバランスを図る上でもより慎重かつ中長期的な取り組みが必要であると考えられます。 デジタル通貨の普及には、法整備が必要不可欠でありますが、各国通貨と中央銀行の役割といった既存金融のあり方をも変えてしまう可能性を秘めています。 利用者は、市内のスーパーや飲食店など1万店舗でQRコードをかざしデジタル人民元を支払ったほか、ネット通販大手の京東集団(JD. 今後も、主に国内で利用されるデジタル人民元については、他国からの干渉は受けない、と中国は主張し、G7の牽制をかわし続けることになるのではないか。

ただ、ドルに準備資産が偏るとドルと各国通貨の為替レートの変化が、外貨準備残高に無視できない影響を与えやすくなる。 暗号資産(仮想通貨)の取引プラットフォームHKbitEXの共同創設者Wang Shibin氏は、デジタル人民元が「理論的な内部実験から実用化へ向けて動いたことを意味する」と述べた。 ブロックチェーン技術を活用し、例えば手形や送金、貿易金融といった業務をターゲットに研究を始めた。