仏教 に 由来 する 言葉 は。 仏教

【仏教用語と時事】 仏教用語『殺生(せっしょう)』 殺生戒という戒律があるように生きものを殺すことを殺生という。

【由来】元は仏教において神や人間以外に生まれた生物のこと。 悟りを開いた人が死を迎えた時を指すことも。

6

色即是空(しきそくぜくう) 色即是空とは、般若心経に出てくる有名な言葉です。 「師匠はああ仰ったが、つまりどういうことだ?ああかな?こうかな?」と座禅を組みながら考えること。 一度は敗北を味わった者が勝利を機会を虎視眈々と狙っていることもあり、せっかく得た勝利を奪われる心配に常に苛まれます。

1

この章の三密については、ホトカミを活用して下さっている福島県にあるの松村 妙仁住職様のブログを引用させていただきました。

17

仏教では、非常に長い時間を意味する「劫」という時間の単位からきています。 また物質にも不変の実体を認めず、物理現象も無常、すなわち変化の連続であるとの認識に立つ()。

7

文字通り、仏道修行に退き屈したことをいう。 それでは皆様、今日も一日、お元気でお過ごしください! このあとの、「お天気検定」「ニュース検定」の問題と答えはこちらです! 今日の放送後に更新します。

6

しかし、漢字の、身・口・意に着目すると、意味がイメージしやすくなります。 知事 現在の意味は、都知事や府知事などの都道府県の統括・首長的な立ち位置の人のことです。

15

そこで、お坊さんたちは自分たちの生活に厳しい戒律を設け、在家の人々の理解を得るようにしました。 好みのタイプの人を見かけたり、美味しそうな料理の香りを嗅いだり、…人はそのような感覚器官から何気なく得た情報を、知らず知らずのうちに欲求に替えています。

16

『インド仏教史 上』 春秋社、新装版2011年、123頁。 觀音寺(徳島県)さまの阿字観の様子。

18