株式 会社 フリー ビット epark ヘルス ケア。 会社概要

また、前期の途中で取得いたしましたトーンモバイル事業の承継による利益の増加、また固定網の利益減の結果を加味いたしまして、セグメント利益は3億4,500万円から5億9,000万円という推移となっております。

9

4月 - 株式会社フルスピードの子会社であった株式会社ベッコアメ・インターネットを直接の子会社とする。 金額につきましては、スライドに記載されているとおりでございますが、最も大きいのはエドテック事業における事業用資産の減損で、7億5,200万円を計上しております。

17

あまりにも長引きますと、非常に影響が大きくなるため、当社グループ内でもテレワークを推進しまして、十分に気をつけて活動を続けているところでございます。 9月 - 株式会社を完全子会社化。 そして、急速な成長を遂げているのが「EPARKお薬手帳」です。

19

さらに今後の見通しとしましては、昨年度と同様、第2四半期・第3四半期・第4四半期と利益が積み上がっていくことになりますので、当社連結グループにおけるセグメントとしましては、現状ではこの不動産テック事業が成長頭という傾向で推移していくことになると思われます。 営業利益が3億3,300万円。

3

当第2四半期連結累計期間における国内景気は、同感染症の影響により依然として厳しい状況下にありますが、政府による各種政策等の効果により、このところ持ち直しの兆しがみられており、この傾向が続くことが期待されています。 これより先は、新たな経営陣で新たな成長を作っていくことを期待して、私からの説明は以上とさせていただきます。

2

その結果を受けまして、四半期純利益の推移はマイナス1億8,100万円から14億500万円という結果となっております。 大分県• 「microSD TM」「microSDHC TM」「microSDXC TM」「miniSD TM」「SDHC TM」は、SD Card Associationの商標または登録商標です。

6

販売管理費推移 販売管理費の推移でございます。 3パーセントを見込んでおります。

9

しかし、エドテック事業のマイナスでほぼ消されたとご理解いただけたらと思っております。 の米国および各国での商標または登録商標です。