禍 災 違い。 「コロナ禍」は何て読むの?正しい読み方・意味・使い方とは

例えば「ポスト資本主義経済」と聞くとまるで資本主義経済の次の経済の形を提示しているかのように見えますが、そうではなく、資本主義経済の存在のそれをもはや意識する必要もないほどに世の中の仕組みとして一般化している状態に批判的に(クリティカルに)に論じるものとしてポスト資本主義の議論は出てきていると理解しています。

3

「コロナ禍」の読み方 まずはこちらのニュース題名の読んでみてください。 しかしこの言葉の読み方や意味がよく分からないという人も少なからず見受けられます。

8

労働スタイルが大きく変化することで、より多様な労働スタイルが生まれてくることも大いに考えられます。

10

出典元:小学館 デジタル大辞泉 を意味します。 また、「コロナ禍」という便利なことばを使うことに対しては、そもそも慎重になるべきだという考え方もあります。

19

コロナ禍に限らず、わざわいというものは、どこまでが人為でどこからが運命なのか、分けて考えるのは難しいですね」と話しているという。 『コロナ禍により客足が激減』とかいう風に使うようです。 」 とあります。

「禍」を前に使用する熟語 「禍神(まがかみ)」「禍言(まがごと)」「禍事(まがごと)」「禍福(かふく)」「禍災(かさい)」 「禍」を後に使用する熟語 「水禍(すいか)、大禍(たいか)、惨禍(さんか)」 等があります。 政府のコロナ対策専門家会議の資料には「短期的収束」「収束のスピードが期待されたほどではない」などの記述があります。

18

どちらも同じ意味だと思われるかもしれませんが、厳密には以下のような違いがあります。 一方、「禍」についての「音読み」は次のようになっています。