寺内 タケシ。 寺内タケシ&ブルージーンズ OFFICIAL

(寺内式エコー1系)(エコー2系)(エコー3系)(ピンポン・ディレイ系)(クランチ系)。

13

母 初茂は鶴岡流小唄と草紙庵流三味線の家元であった(母の三味線演奏技術について寺内は「母を超えたとは到底言えない」と語っている)。 しかしそんな矢先に、雇った振り付け師が指導した過激な演奏がたたりメンバーがステージから転落して重傷を負ったり、冬梅が口に大怪我を負ってサックスが吹けなくなるなど事故が相次いだ(共演したの2人も捻挫をしたという)。

先行きが不透明で全ての情報が途絶えていたなかでの「不死鳥テリー」の復活劇にファンは歓喜した。 諏佐周二(ドラムス) エピソード [ ] 第3次ブルージーンズでは代表曲のひとつ「津軽じょんがら節」のアレンジを一新した。 その後、米軍上瀬谷キャンプでとマウンテン・プレイボーイズのベースをしていた碇矢と再会して、寺内も移籍したが、やがて時田からクビを宣告される。

4

(リズム・ギター)• 君よりほかに(寺内タケシとブルージーンズ)テイチク その他• (ドラムス、元東京ベンチャーズ)• 52日間に及んだこのツアーで観客42万人を動員、大成功に終わった。

(ベース)• (TBJの2番ギター中村真也氏が驚愕証言)。

12

羅生門• さらにのには彼らがバック演奏で参加した「遺憾に存じます」を歌ったと共に出場した。 黒田節、津軽じょんがら節、小諸馬子唄、運命、 カルメン、チゴイネルワイゼン、ほか 全24 曲収録 1971 年録音、日本民謡とクラシックの2 枚組でまさにマスターピース! 石井薫(ギター)• その際には自身の事務所「BJプロ」を設立し、レコード会社と破格の契約を行ったという。

20

新しいバージョンでは曲中盤で寺内とベーシストが接近して演奏、そこからベースソロに入るアレンジが注目された。 ブルー・ジーンNo. () 日本民謡のカバー• かつて寺内さんのバンドボーイだったケーエムミュージック(横浜市中区)の下田等代表取締役(70)が手がけた。 (ギター)• 石橋志郎(ベース)• 下田さんはデモCDを届けたが、面会はできなかった。

20

レベル・・・・・最小。 また、この曲以外にも随所で各メンバーのソロを組み込み、メンバー全員にスポットライトが当たる工夫がされている。

20