ろう や ぼう 2 ネタバレ。 『琅琊榜(ろうやぼう)』あらすじ 47~54話

前作から数十年後の梁王朝が舞台になっています。 C 2017 China International TV Corporation. 英題つけた人はちゃんと作品を観てタイトルを考えてるんだなと感動しました。

1

そして、気になるのがこの ろうやぼうの意味ですよねー ろうやぼうと検索しても一発では決して出てきません笑 前作を見た方ならわかると思いますが、宮廷にも影響を与える情報組織・ 瑯琊閣(ろうやかく)というものがありました。 戦力を以て侵入してきた者は許さない感じかな。

タグ :• プロデューサーや制作会社が同じなので演出も似てたり、ろうやぼう1と2に出演してた役者さんがけっこう出てきます。 こいつの悪事をバラして貶めるために卓家がまた暗躍してるってことかな。

20

U-NEXTは、さらに 最新作も豊富。 そして、銀河チャンネルでろうやぼう2が始まるってことで、1もテレビでやるかなと期待し、1度観るのを中断。

梁帝の義兄弟、長林王である蕭庭生は梁帝から心底信用されていた。

8

皇帝への謀反を目論んでいた皇族出身の 蕭元啓(ウー・ハオチェン)。 病弱な梁帝から厚い信頼を寄せられている。 早く主人公出して!! 髪ぼっさぼっさしか出してないじゃん!!www 江湖とはさっきの江左とか江左盟のこと。

7

おやすみなさい。 英題つけた人はちゃんと作品を観てタイトルを考えてるんだなと感動しました。

6

失礼します。

瀕死状態の蕭平章の命を救った医療の達人で、武芸も一流の腕前。 九安山での功績と誠実さが皇帝の心をつかんだようだ。 赤焔軍の汚名返上を果たし、林殊が帰ってきたことも示唆しています。