西川 可奈子 映画。 映画「私は絶対許さない」公式サイト

だから、それが愛かどうかは、正直わからないですね。

9

でも本当に、私が思う以上に皆さんが心配してくださっていました。 『』のマドリード国際映画祭出品でスペインに行く前だったので、向こうで結果を待つことなく、すぐに良い結果が届いたので、映画祭ではのびのびと滞在することができました(笑)。

1

の提供に協力をお願いします。 Q この映画出演を通じて新しい発見などはありましたか。 (2017年、フジテレビ)• 彼女は『私は絶対許さない』(18年)では、地方都市のオオカミ野郎どもに〝輪姦〟されるヒロインを演じており、すっかり〝受難のヒロイン〟が板についてきた。

19

それが作品に必要な画であれば。 西川:私は、逆に逃げちゃいけない表現だと思っています。 「セシルのもくろみ」や「税務捜査官」「ホテルコンシェルジュ」などのテレビドラマにも出演していましたから、名前を知らなくても、顔を見たら「あ、この人!」と分かるでしょう。

16

この現場では、そう思うことが多かったですね。

9

実際に、私も千尋を演じなければ、気づかないことがかなりありました。 :『TIME CAPSULE』• とにかくお芝居することとは無縁だったんですけど、そういったきっかけで、最近は映像の方にチャンスをいただくようになりました。 10代後半から20代中盤くらいまでは、こういったヒリヒリとした役の問題を、自分のものとして考えすぎていた部分があったんです。

グッピーが生きていくには、三井が必要。

12

— 西川可奈子 kanako1105 他のドラマとしては、2015年にTBS系で放送された 「ホテルコンシェルジュ」では、9話でさゆり役として登場しています。

13