アジア アロワナ 種類。 アジアアロワナ

しかし、 同種の寿命は10年以上と長いため、できれば人工飼料に慣れさせていきたいところです。 種としては同じでも、この魚は体色によって商業的な価値が大きく変わってきます。 60cm~70cm レッドアロワナの中でも全身が真っ赤になる固体の事をさして スーパーレッドアロワナという。

13

成長障害を未然に防ぐ 遅らせる ためにはアロワナに適した環境でストレスを与えずに飼育してあげることが重要です。

19

紅尾という名前はここからきています。

9

しかし例えば、では本種はによって保護されているため、許可がなければ保有することが出来ない。 Kumazawa, 2000; Kumazawa et al. この分類は、解剖学と遺伝学の両方に基づいた物で、次の4種が提案された。

若魚期に背の色が暗いほど、成熟したときの赤色の発色が濃くなると言われる。 現在では東南アジアの各国に本種の養殖場がある。 最近は、1996年のものを最後に新たなIUCNによる本種の保全状態評価はなされていない。

10

ただし残念なことに、アジアアロワナの繁殖はほとんどが 商業的に実施されており、大型の池や超大型水槽(10m超)の中で行われています。 もちろん600kgを超える重さに耐えられるよう、 床の補強なども必要です。

19

商取引が可能である養殖された個体であることを証明するために、二つの方法がとられている。 その上、現在は、大生息地についての情報は勿論、本種の個体数についても混乱が続いているため、新たな評価が望まれている。 同属他種と同じように、長い胴体に、大きく伸長した胸びれ、体の後方に位置する背びれと尻びれ、南アメリカに住むアロワナに比べてかなり大きな尾びれを持っている。

13

United States Fish and Wildlife Service Threatened and Endangered Species System TESS. 一般的には、背中を越えて金色の鱗が続くアジアアロワナをマレーシア・ゴールデン 過背金龍 、背中で金色の鱗が途切れているアジアアロワナをスマトラ・ゴールデン 紅尾金龍 といいます。

16

ご注意ください。 「グリーン」という名の通り、背に深緑色が入ります。