告別 式 流れ。 葬儀の告別式の流れとマナーを徹底解説

約1時間程度で遺体は焼き上がりますので、アナウンスがあったら骨上げの場所へ移動します。 火葬も時間がかかりますので、時間に余裕を持っておくようにしましょう。 特にお葬式は、遺族はナーバスな状態にありますので、失礼のないよう心掛けることが重要です。

1人で骨上げをするとマナー違反となるので注意しましょう。

20

Q:告別式に向けて準備するタイミングは? A:葬儀・告別式は通常、通夜の翌日に行われます。

7

【合わせて読みたい】 火葬場にもっていくもの 火葬許可証 葬儀後、故人と別れを済ませ出棺と慌ただしく時間が過ぎていきます。 宗派によって作法は違いますが、葬儀に加わる僧侶の中で最も位の高い人が行います。

葬儀の場にふさわしい服装で参列することや香典袋には新札ではないお札を入れることなどをご説明しました。 最後は遺族で花を手向け、できるだけたくさんの花で故人を見送ってください。 何日休めるか聞くのもポイント 忌引き休暇では故人との関係によって休める日数の目安が異なります。

15

小さく砕かれた故人の骨を二人一組で持ち上げて骨壺にいれます。 一般的な告別式の流れ 一般的な告別式は、 宗教的な儀式の後に告別式という流れになっています。

多くの場合は僧侶のみで読経を行いますが、宗派によっては参列者にも唱和をお願いされることもありますので、司会の人の案内にしたがって対応しましょう。 通夜が終わったら、喪主や世話役は、葬儀社担当者と以下のような点について細かく打ち合わせて、準備を進めましょう。