クラビット。 クラビット錠500mg

この他にも 中耳炎や 副鼻腔炎(ふくびくうえん)、歯科で抜歯などの治療後にクラビットが使用されることがあります。 【飲み合わせ・食べ合わせ】 フルルビプロフェン(フロベン)など一部の鎮痛薬との併用で、けいれんを起こしやすくなります。 ただし治療上の例外として、複数の細菌をやっつけるために抗菌薬を組み合わせるケースが存在します。

5

• なお、疾患・症状に応じて適宜減量する。

セフェム系やペニシリン系では効果が期待しくいときに使用する。

1

重要な基本的注意• (30代病院勤務医、泌尿器科)• (40歳代病院勤務医、一般内科)• しかし、クラビットの作用は「どれだけ薬の濃度が高いか」によって左右されます。 私たちの免疫が細菌の排除に重要な役割を果たしますが、より早く病気を治すために抗菌薬を使用します。 性感染症は、性行為によって感染する病気です。

なお、疾患・症状に応じて適宜減量する。 そのため薬が上手く排泄されず、血液中の薬の濃度が高くなって副作用が起きやすくなってしまいます。 汎血球減少症 頻度不明 、無顆粒球症 頻度不明 、溶血性貧血 頻度不明 、血小板減少 頻度不明 :汎血球減少症、無顆粒球症 初期症状:発熱、咽頭痛、倦怠感等 、ヘモグロビン尿等を伴う溶血性貧血、血小板減少があらわれることがある。

18

」 医師は、患者の併用薬をきちんと確認していなかったとのことであった。

17