広島 市民 病院 クラスター。 広島市民病院、職員によるカラオケ大会で二度目のクラスターが発生して謝罪「申し訳なく情けない」

平成20年 2008年 病院リニューアル完成• 昭和42年 1967年 診療の様子• 医師や看護師たち約30人が、接種役や患者役を務め、手順を確かめた。 昭和51年 1976年 西病棟・外来診療棟新築工事完成• 同病院によると、複数の職員が7日夜に市内のカラオケ店を訪れ、参加した全員が感染したという。 12月11日に職員1人が体調不良のため、医療機関を受診し検体採取。

14

中国新聞社. 12月10日、新型コロナの感染が判明した患者と共に会食をした9人のうち8人が、PCR検査の結果、陽性が判明。

17

その後、18日までに職員8人の感染が分かり、感染が発生したフロアでは28日まで新規入院を中止している。 同病院は、感染防止のため同僚や友人とカラオケ店などを訪れないよう職員に求めており、「市民にご迷惑をおかけし、申し訳ない」と陳謝している。

19

広島市民病院(中区)で発生した2回目の新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)で、感染した複数の職員が一緒にカラオケ店を利用していたことが19日、分かった。 昭和59年 1984年 治療の様子• 同病院は「市民に信頼され満足される医療を提供することが使命だが、2度目のクラスターを発生させ、多大な心配とご迷惑を掛けて申し訳ありません」としている。 院内の職員たちにこれ以上の感染拡大はないと判断し、通常の診療を続けるという。

7

昭和27年 1952年 病院名称「社会保険広島市民病院」と決定(5月25日)• 年齢:20代2人、30代4人、40代1人、50代1人 症状:全員軽症 介護事業所クラスター 感染防止が徹底されていたがクラスター発生。

20

同病院は年間約7千人の救急搬送を受け入れる広島都市圏の基幹病院で、手術は1日当たり50件程度を行っている。

5