条件 付き 書式。 条件付き書式の基本[エクセル図解で超解説!]

Column 0 Then Exit Sub Select Case Target. 値がTRUEまたはFALSEのときに、セルに何らかのデータを出力するのがIF関数で、 値がTRUEのときに、セルの書式を変更するのが条件付き書式です。 AppliesTo Is Nothing Then fObj. 色が変わりました。 Excelなら「自動」でやってくれるので 「時短&ミス防止」になります。

空白のセルに設定した色が付きました。 [プレビュー]を見ると、指定した条件に合っていたときに、どのような書式になるのかを確認できます。

2

これで、「230より大きければ、濃い緑の文字、緑の背景にする」という意味のルールになります。 平均点をC11で求め、その値をE3:E4に入れます。

13

。 条件付き書式を設定するためのダイアログボックスが表示されました。 ・予定日に対し30日前になったら日付の文字の色を赤にする スケジュール管理に便利な条件付き書式の使い方の1つに、特定の日付に対して30日前になったら、その日付の文字の色を自動的に変え、注意喚起を促す設定があります。

12

今回の私は、赤を選んでみました。

5

上の例と同じ条件を数式で設定してみます。 上記の手順3までは同様です。

作成例 C列に得点を入力したら、フォントの色を変更します。 下図の例では「コード」と名前を入力しました。 条件付き書式を設定したいセル(色を付けたい範囲)を 範囲選択します。

10