菊池 製作所。 菊池製作所(菊池製作)【3444】株の基本情報|株探(かぶたん)

油圧配管継手• そして、革新的な発想で企業の可能性と未来を拡充する。 銅管用継手• ・測定子の精度向上 2004年 測定子J101、2、3及び4の防錆の為にめっきを施していましたが、球の精度維持や弾性変形の為に止めました。 ・UK-150の大ワーク測定時の安定性向上 2002年 測定の際に比較的大きなワークでも安定して測定できるように、UK-150前面の移動間座の間座板の間隔を従来よりもひろげました。 ・UK-150測定子の耐磨耗性向上 2001年 測定子の先端部分の材料に高速度鋼を使用し、耐磨耗性を向上させました。 0合せ時に使用する内径リングゲージ等に傷を付ける等という場合には、ご相談下さい。 ・ダイヤルゲージ取付軸の固定 2001年 ダイヤルゲージ取付の際、固定用ネジを強く締め過ぎると軸に痕が残ってしまう事があり、動きが悪くなってしまう事がありましたが、部材の見直しによりこれ改善いたしました。

17

無人飛行機(ドローン)の「ミニサーベイヤーMS-06VL」は、千葉大学の野波健蔵教授が開発し、菊池製作所が生産を担当する。 05mmの精度が可能であり、溶湯内で射出するため、気泡混入が少なく強度の高い製品ができあがります。

17

独自の技術と技能。

16

日立製作所那珂工場と取引開始 1964年 1月 法人登録。 低圧力での射出のため、従来のコールドチャンバーに比べ金型の寿命が長いことも特徴です。 金型とか試作品を作ろうとすると図面通りに組んでも、やっぱり微調整がいる。

6

・測定可動部の防塵の為のオプション 2015年 粉塵等の環境でも鉄シールで防塵し、高精度な測定を長期間できるようなタイプを用意しました。 「だから飯舘村の工場は社員が残してくれた会社です」と、感慨深げに菊池社長は振り返る。 TW 溶接アダプター• 金具付ホース etc. ホースの定期点検について• 産業用ホース 土木・灌漑用• 「マッスルスーツ」は、東京理科大の小林宏教授の協力で開発した人工筋肉の装置。

6

人と話すことが好きなので、いろんな部署の方たちと接点が持てるこの仕事は私に合っていると感じています」 「また、IRやISO、J-SOX、CSRなどの業務にも携わっています。 3つ目はマイクロポンプなどの『マイクロマシン』。 2013年12月には東京理科大とともに、マッスルスーツを商品化するベンチャー企業「イノフィス」を設立した。

13