航空 自衛隊 文書 管理 規則。 航空安全管理隊

四、緊急出口位置。

20

TO業務主任 第 32 条 部隊等の長は、TOに関する事務を適正に行なうためTO業務主任を置くものと する。 同年3月31日 統幕が小野寺五典防衛相に報告• この時は、保存機関や行政文書として内閣府に登録するのに、部隊創設以来これまで発簡してきた、そして受領してきた数多くある文書をパソコンに一つ一つ打ち込みました。

第2節 分類 内容による分類 第7条 TOは、内容により次に掲げる各号に区分し、その内容はそれぞれ当該各号に定 めるとおりとする。 但於到達起飛臨界點前發生關鍵動力 機件失效需迫降時,應符合第八十五條之規定。

4

三十一、艙壓高度:指按機艙內氣壓相對於標準狀況之大氣壓力換算所得 之高度。 第105基地防空隊(1990年—2002年 網走分屯基地)• (三)第三 A 類儀降作業:指決定實際高度為低於三十公尺(一百 呎)或無決定實際高度及跑道視程不低於一百七十五公尺之精 確儀器進場及降落作業。 TOの改善 第 19 条 部隊等の長は、TOの内容等に改善の必要があると認める場合には、MPTOに 定めるところにより、当該TOの制定者に上申又は通知するものとする。

16

十六、航行圖表:指航空器陸空航務運作所需之圖表。

1 TOの基地別配布定数の設定 2 TOの作成資料の受領、保管及び配布 3 TOの印刷、保管及び配布 部隊等の長 第 15 条 部隊等の長は、TOに関する事務のうち次の各号に掲げる事務を行なうものとす る。 二、中華民國九十七年七月一日以後首次適航載客座位數超過十九座之飛 機,應裝置二具以上緊急定位發報機,其中一具應為自動型式。

15

物品管理官及び分任物品管理官は、管理する物品のうち、供用することができない物品及び修理又は改造に多額の費用を要する物品等については、物品管理法、航空自衛隊物品管理補給規則(昭和43年航空自衛隊達第35号)及び航空自衛隊物品管理補給手続(平成4年補給本部長制定)に基づき、不用決定し廃棄することができることとなっている。 (貸付需品の規制)第九十三条 防衛大臣は、各貸付権者につき無償貸付を行うことができる需品の規格及び数量を規制することができる。 」 「現行憲法の基本を守る姿勢がなければ憲法改正論議など成り立たない」• 発行計画 第 17 条 航空幕僚長は、TOの発行計画の作成に必要な事項について、次の各号に定める ところにより補給本部長に指示する。

4

第17高射隊-• (発生原因) このような事態が生じていたのは、2補処において、修復性区分の変更の検討に要する期間が長期に渡るものがあるのに、処分保留の処置をする際の手続が明確に定められておらず、単に電話で行っていたことから、処分保留の処置に関する2補処と基地の分任物品管理官等との間における連絡調整及び補給処内部の連絡調整が徹底されていなかったことなどによると認められた。