抜き取り 検査。 全数検査、抜取検査、無試験検査、間接検査

2 158 233 272 351 432 515 684 812 1 073 1 206 75. すなわち, n d 100 ここに, d: サンプル中の不適合の数 n: サンプルサイズ 3. そのときにどこの工程での検査に重点を置くかである。 JISZ9015-1では、AQLは、『継続して連続ロットが抜取検査に提出されるときに、許容される工程平均の上限の品質水準』として、定義されておれます。

15

2 きつい検査からなみ検査へ きつい検査が実施されているとき,連続5ロットが初検査で合格にな った場合はなみ検査に復帰する。 所管権限者の判断によって,そのような特定のクラスの不適合項目について,ロット中の全アイテムを 検査するよう要求することがある。 AQLは供給側と受け入れ側で定めた価格に対してもっとも合理的な不良率で契約として承認した不良率である。

6

合否判定抜取検査では,このタ イプの不適合には十分低いAQLの値を割り当てる。

9

4 抜取検査形式 1回,2回及び多回という3種類の形式の抜取検査方式がそれぞれ付表2,付表3及 び付表4に与えられる。

9

ある不適合項目又は不適合項目のグルー プに対して特定のAQLの値が指定されると,提出されたロットの品質水準(パーセント不適合品率又は 100アイテム当たりの不適合数)がAQLの設定値より大きくなければ,提出されたロットの大多数がこの 抜取検査スキームで合格することになる。 品質管理に利用する管理図作成やタクトタイム調査のためのデータ取得など、特殊な管理を行うための検査です。 品質を保証するために破壊検査が必要な場合と不必要な場合 いろいろなケースが考えられます。

19

技術開発の集大成として多数の特許を取得した。 2回抜取方 式は二つのサンプルサイズと第1サンプルに対する合格判定数・不合格判定数,及び第1第 2のサンプルを合わせたものに対する合格判定数・不合格判定数の組合せである。 また、設計、工程変更も行われることも多い。

この会社の品管部や生産の責任者は検査の目的や意味するところをまったくわかっていない。 合否判定が行われた後で,合否判定スコアはリセットされる。 備考 以前の検査で不合格になって再提出されたロットの検査と区別される。

15

この規格で与えている抜取検査方式の平均検 査個数については,多回抜取方式は2回抜取方式より小さく,また,2回抜取方式は1回抜取方式より小 さい(付表9参照)。

16

この検査は JIS Z9015-1で規定されている検査方法で、まず「サンプル文字」を確認し、続いてサンプル数を決めます。 これには図などを 2 Z 9015-1:2006 ISO 2859-1:1999 含めた事例が示されている。

8