広野 火力 発電 所。 1基で800億円の経済効果、福島に世界最新鋭の石炭火力を建設

自家用車• より約10分•。 地元の企業を中心に34件にのぼる新技術の実用化プロジェクトが国の支援を受けて始まっている。

6

以上について、その旨を評価書に記載すること。

17

なお、の発生を受けて、5月に行われた第3回閣僚理事会において、石油火力発電所の新設禁止が盛りこまれた「石炭利用拡大に関するIEA宣言」の採択が行われ、それ以降日本でも原則として石油火力発電所を新設することが出来なくなり、5、6号機の増設には石炭が使用されることになった。 今後、事業者である東京電力ホールディングス株式会社には、環境大臣及び関係自治体の長の意見を受けた経済産業大臣勧告を踏まえ、法に基づく環境影響評価書の作成等の手続と環境保全措置の実施が求められる。

5

また、福島復興電源プロジェクトを立ち上げた東電HDの小早川智明社長は、「雇用の創出や経済圏の回復を通じて福島復興に貢献したい」と述べた。

16

(4)リサイクルの推進 石炭火力から発生する石炭灰等の副生成物はセメント原材料等として有効活用いたします。 起工式であいさつする広野IGCCパワーの岩崎代表 福島復興電源と位置付けられ、高効率の石炭ガス化複合発電(IGCC)を行う広野IGCC発電所の起工式が13日、福島県広野町で行われた。

当社といたしましては、引き続き、電力設備の確実な運転・保守を含めた供給力の確保を着実に進めていくことで、安定供給に全力を尽くしてまいります。 2%(発電端)を実現しております。 アクセス [ ]• 福島県における広野火力発電所の位置 正式名称 株式会社JERA広野火力発電所 国 所在地 大字下北迫字二ッ沼58 : 現況 運転中 運転開始 1号機:4月 2号機:1980年7月 3号機:6月 4号機:1月 5号機:7月12日 6号機:12月3日 事業主体 発電所 主要動力源 1~4号機:、 5、6号機: 発電機数 6基 熱効率 1号機:43. 同発電所は、4社に常磐共火を加えた5社が出資する勿来IGCCパワー合同会社が建設・運転する。

13