隠岐 汽船。 隠岐の歴史

、航路維持のため島民の出資により、 隠岐汽船株式会社が設立された。 2s linear;-moz-transition:background-color. - 西ノ島営業所(島根県隠岐郡美田八幡の前4386番地3 ) ()• 隠岐丸• 隠岐丸• 障がい者運賃割引制度について 「障がい者手帳」をお持ちの町民の方が、隠岐汽船株式会社のフェリー・超高速船に乗船される場合隠岐の島町航路・航空路旅客運賃助成事業に加え、隠岐汽船株式会社が実施する「障がい者運賃割引制度」によりさらに安価な金額で乗船することができます。 三菱重工業下関造船所()・高砂製作所()建造。

最大の株主だったの渡辺新太郎が初代社長に就任、中ノ島菱浦に本社が置かれた。 2 別府港 - 菱浦港 - 西郷港 - 七類港 - 西郷港 - 菱浦港 - 別府港 レインボージェット 12月下旬から2月中旬までドック期間中は冬期運休となる。 、創立100周年を迎えたが離島の人口減、観光客の減少により経営が悪化、以降は赤字となり燃料費高騰の影響も受け、には実質的にとなる危機的状況に陥った。

15

賀茂郷、庵可(あむか)郷、新野(にいの)郷• 県が主催する今回のツアーは、がコーディネートし、地元の旅行会社「」(海士町)が運営に協力している。

隠岐島後(どうご)南部• おきじ丸• その後、舞鶴航路が開設されと連絡したのを皮切りに新規航路の開設が順次進められ、最盛期には、津居山港、、、、へ就航した。

15

- 西郷営業所(中町目貫の四61番地 ) ()• また、島前3島の間を移動するのに便利な「内航船」は電車やバスのように日常的に利用されているのも島ならでは。 また、当時のには「隠伎国」と記しているものもあり、設置当初にはこの名称が使われていた可能性もある。 1 別府港 - 菱浦港 - 西郷港 - 境港 - 西郷港 - 別府港 - 七類港 - 西郷港 - 菱浦港 - 別府港 (レインボージェット)• 第二隠岐丸• ツアーではこれら4島を、「隠岐4大社巡り」をテーマに訪ねる。

5

- 七類営業所・七類貨物センター(七類3246番地1 )• 布施郷、海部(あま)郷、佐作(さつくり)郷• しかし、同時期に航路開設を計画した個人企業が相次いで事業に失敗していたこともあり、高額な蒸気船の導入に他の議員は反対の姿勢を示し、事業が競合する廻船業者は猛烈に反対、イカ漁の邪魔になるとして漁師からも反発を受けた。 646年(大化2年)隠岐駅鈴2個及び隠岐国倉印が西郷町の玉若酢命神社におかれた。

1

そんな美しい隠岐の島々を巡る旅を盛り上げてくれるのが、島の大自然を目の前で体感できる船旅。 - 境港旅客営業所(大正町215番地 ) 船舶 [ ] 運航中の船舶 [ ] 現在運航中のフェリーは、いずれもで建造された。

1

日本船舶海洋工学会関西支部 造船資料保存委員会 2016年2月11日. フェリーくにが 初代 1987年3月25日竣工、林兼造船長崎造船所建造。

8