コンパクト シティ。 コンパクトシティとは?新しい街づくりの事例から見るコンパクトシティのメリット

そのため、現段階で自治体ができることは、多額の投資を行わない活性化策であり、その代表が「空き家活用」である。 こういった夕張市の取り組みから、コンパクトシティ化を実現するためには 住民の理解と合意を得て行政のみに関わらず研究機関の人たちなど 地域全体で一体となって目標に取り組むという点を参考にするべきでしょう。

しかし、これは公共サービスを縮小する地域を生み出すことにつながり、住民の合意を得ることは難しいだろう。 つまり、依然として郊外スプロールが続いている状況がわかる。 コンパクトシティが注目されている理由 コンパクトシティの概念自体は新しいものではなく、最近になって注目されているのは時代背景によるところが大きいでしょう。

TX柏の葉キャンパス駅周辺では、スマートシティ化を見据えた暮らしも計画されています。

16

これから人口減少が進む中で、インフラや生活サービスを確保し、居住を誘導することで、人口密度を維持または増加させます。 その結果として道路や上下水道のようなインフラの維持費用、除雪や介護のような行政サービスの費用が削減できます。

1

全国に先駆けコンパクトシティの概念を採り入れた富山市は、郊外の居住者が街の中心部に引っ越す場合に補助金を支給したり、LRT(路面電車)を走らせるなど、中心部に人を集める政策を展開しています。 また中心市街地の活性化では官民合同で商業施設を建設したことでお客は増えますが、従来の商店街が魅力を発揮できず、郊外の大型商業施設にお客を奪われるという従来からの構図は変わっていません。 その後、さらに実効性を高めるべく、平成18年に、中心市街地活性化法と都市計画法が改正され、今のまちづくり三法の原型ができました。

7

1998年には都市計画法の改正、大規模小売店舗立地法や中心市街活用法が制定され、まちづくり三法ができました。 自動車への依存を克服できるのか 自動車への依存は、駐車場スペースや道路幅が狭い傾向にある中心市街地には不利に働くが、既に鉄道やバスによる網が衰退し、郊外の発達した地域では、自動車による移動以外に適当な手段がない場合も多い。

12