エーデル ガルト。 会話集/章別会話/黒鷲の学級/EP9イベント 女神の塔にて

一人称は「私」で、身分を明かす前から自分を助けてくれたのことは「貴方」や「先生」と呼ぶが、彼女のルート内にいる時は「師(せんせい)」と呼んでくる(この「師(せんせい)の表記は 作中通して彼女専用のもの)。 主と共に歩む覇道を。 「あまり素敵に思えなかったが……」を選択 [リンハルト] まあ人それぞれですかね。

なぜここに?• そのため彼女と戦うマップではこまめな回復が必須な上、ほかにも魔獣はおり魔導砲台や弓砲台もあるため難易度の高いマップになっている。

5

この選択をして直後、3月30日に日程スキップされるため、3月中の外伝出撃・散策は行えません。 主人公と5年ぶりに再会した彼女の主人公に対する抑えきれない想いと、カスパルにそれを指摘されて思わずしおらしい表情を見せる若き女帝の姿は必見。

こっそり、観察します。 に 名無しのエムブレマー より• とはいえ、魔法職にする意味はあまりない。 そのため他のでは一Aまで存在し、ペアも用意されている。

20

興味深い話だ• 金鹿の学級• ふふふっ。 先生がまた指揮をとってくれることになって、嬉しさを隠せない様子。

その行動原理は自分自身も含まれており、誰かがやらなければならないことで自分自身は後世で極悪人とされても構わないと考えているなど、自分自身もまたあまり大事にしていないと思われる節がある。