ヨハネの黙示録 蝗害。 「ヨハネの黙示録」15章

にはがその著書の中で、『ヨハネの黙示録』を『』と共に「真性に疑問のある書物」であるとしている。 彼らは、神と小羊とにささげられる初穂として、人間の中からあがなわれた者である。 霊的なものは神様の聖霊の感化を通してのみ理解できるからです。

7

こういう時、手紙で返事を書くっていうのはとても大変です。 七つの目は神様の七つの霊である、と言われています。

16

8:11 [ ] この星の名は「苦よもぎ」と言い、水の三分の一が「苦よもぎ」のように苦くなった。 聖所には三つの区域がありました。 それぞれが各騎士の記述に由来したやを持つ。

14

「ヨハネの黙示録」のこの箇所も神様の三位一体性をよく示しています。 残念ながら現在でもクーデターやテロなど争い事は絶えず起こっているのも事実。 これからわかるように、「ヨハネの黙示録」には実はふたつの部分があるのです。

それはちょうど、わたしが勝利を得てわたしの父と共にその御座についたのと同様である。

3

そこでイエス様が彼の前に現れて「ヨハネの黙示録」に書かれてあることを幻として見せてくださったのでした。

12

また、修行の末に肉体から霊体を意図的に出したり入れたり出来るようになった人もいるのです。 ですから私達も苦難をともにし、また、神の御国に預かり、この地上の生涯では忍耐をともにしながら、ヨハネとともに兄弟と言われるに相応しい者とされたいですね。

5

なぜわたしを迫害するのか」という声を聞いた。

9