ある日お姫様になってしまった ネタバレ 62。 漫画「ある日、私は冷血公爵の娘になった」62話のネタバレと感想!あらすじまとめ

ここにも何か理由があるのではないか?という考えにアタナシアは行きつきます。

12

コイツが陛下の体調不良の際に、ここまで 焦って行動を起こすとは思わなかった。 『急いで! 助けてあげて!!』 『・・・。

8

あらあら!それではメイドを呼んで新しいドレスを・・・というとこのままでいくという姫様。 大好きで姉だと思っていたアタナシアは,自分が持っていないもの(家族・皇女という地位・自分の好きな人など)を全て手にしていた憎い女。 家族、ね。

13

まだ不完全なままなのでしょうか。 でも、自分も魔法が使えるため展開は大きく変わってしまい、 濡れ衣を着せられ殺される心配はないのではないか。

本当の家族じゃないと知った時、ジェニットは今の状況どう感じているんだろう…と。 格好いい人形は出したくないルーカス。

紳士は、ずっと離れていたのだから、一緒にいればいるほど嬉しいでしょうと言う。

クロードの、ダイアナとの思い出とはどのようなものでしょうか? アタナシアのデビュタントの時、アタナシアの姿が一瞬ダイアナの姿と重なった描写があったものでとても気になります。 お前のその顔を見る限り、お前も思い当たるようだな」 ダイアナの美しい髪が連想されて、アタナシアの切なくて苦しそうな顔で80話終了。 『あっ!』 アタナシアが声をあげたかと思うと、 アタナシアの日傘が飛ばされます。

楽しそうであることを告げるとジェニットは エヘと口元に手を添えて可愛らしく笑います。 『・・そうかもな。

7