法定 福利 費 と は。 法定福利費とは?基礎知識を詳しく解説

それぞれの加入要件を整理しておきましょう。 労務費を計算する 法定福利費は現場作業員の労務費をもとに計算するため、まずは労務費の算出があることが必要条件です。 。

2

また、子ども・子育て拠出金は全額雇用主負担となり、従業員の負担はありませんので、全額「法定福利費」として計上します。 あくまで役員「だけ」という限定されたものはない、ということです。

14

いずれも従業員の生活を充実させるための費用ですが、これらの費用には以下のような違いがあるため注意が必要です。 法定福利費 法定福利費とは従業員や役員等の会社に所属する全ての人を対象とした、会社の費用のうち、法定で定められたものをいいます。

17

具体的な例として、通勤費、住宅手当、家賃補助、慶弔見舞金、健康診断の費用、歓迎会・忘年会・新年会などにかかる費用、社員旅行などのレクレーションにかかる費用などが挙げられます。

9

(詳細は後述します) これらの保険料で、企業が負担している一部もしくは全額費用については法定福利費として計上でき、いずれも非課税となります。 法定福利費と法定外福利厚生費の分類 先述した点と少し重なりますが、法律で義務付けられている「法定外福利厚生」と、法律で義務付けられていない、企業が独自に定めている「法定外福利厚生」を分類してみましょう。 法定福利費の種類 健康保険 従業員やその家族の傷病や出産等のための医療費などが、必要に応じて支給されます。

3

5 労災保険 従業員が 業務中や通勤途中で病気にや怪我をしたときに医療費や療養にかかる補償を給付する保険です。 ライフサポート:弁当購入やスポーツ施設利用費補助など また以下のようなユニークな福利厚生を導入して、既存社員の定着率アップにつなげようとする企業もあります。

5

そのような従業員の法定福利費を計上すると、実態と大きくかけ離れた数値になってしまう恐れがあるので、アルバイト・パートの割合についても慎重に判断しておきましょう。 休業中の補助のほか、障害を負ったり、死亡したりした場合にも保険金が給付されます。

16