南 関東 公営 競馬。 地方競馬における競馬場の入場について

とはいえ、古い時代には、たいてい、生産、馬の売買から競走に至るまでの競馬の一連の活動は一定の地域に留まっていたので、その地域の中にいる者にとっては、どの競走がどれぐらいの価値を有するのかは容易に知りうる状態にあった。 日本特有の用語や格付け [ ] 日本における「重賞」 [ ] 戦前の日本では、しっかりとした定義はなく「特に賞金の高い競走」に「重賞競走」の語が曖昧に用いられていた。

10

度から度までは、(2011年廃止)・(2001年廃止)と共に九州地区合同での格付け(九州グレード)を行っており、1999年度から2006年度まではKG1, KG2, KG3、2007年度から2011年度まではKJ1, KJ2, KJ3を用いていた。 こうずけ特別( G3)(高崎) - を最後に廃止。

6

ブラックタイプ方式 [ ] グループ制・グレード制の導入の発端は競走馬の円滑な流通を促進することであったが、こうして作られた制度は競走馬を売買する際に、血統や競走成績を記した書面を作成する際に使用される。

2

反面、JRAによる格付けはもっぱら興行的な観点に依存しており、出走馬のレベルや賞金の多寡を正しく反映していないという批判もあった。

15

7Fスタンダードシート 通常価格 500円 7Fカウンターシート 通常価格 1,000円 7Fボックスシート 通常価格 3,000円(1ブース) 7Fファーストクラス 通常価格 3,000円• ( 度 - ):BG(ばんえいグレード)1, BG2, BG3• 実際のところ、1980年代初頭のなどは、特観席 指定席 をが占領しているようなことすらある有様であった。 2016年現在 、パートIの国はアルゼンチン、オーストラリア、ブラジル、カナダ、チリ、フランス、ドイツ、イギリス、アイルランド、イタリア、日本、ニュージーランド、、南アフリカ共和国、アラブ首長国連邦、香港(中華人民共和国)、アメリカ合衆国であり、これらの国の各グループ・グレードは国際セリ名簿基準委員会に従ったセリ名簿に記載できる(参照)。

4

しかしセリ名簿上、ステイゴールドが勝利をしたドバイシーマクラシックはグレード2と記載される(ステイゴールドは他にグレード1のに勝利している)。 理論上は、G3と書いてあれば、それがブラジルであれニューヨークであれニュージーランドであれ、同じ価値を有するものとされている。 についても、は高額の賞金を狙う、からの移籍馬がおおむね上位を形成していたが 、早くもにはの抽選馬出身のがへ移籍しを制している。

7

また2014年現在、地方競馬の他地区から4歳以降に転入してくる競走馬については、実際の獲得賞金にかかわらず強制的に番組賞金を変更する規定も存在する。 G1競走• 同上363-364頁• ただし、JRAの場合にはを完全に導入し、を除く大半の日本国内の競走を所管していたので、競走の施行条件や賞金などの体系と独自のグレード制の間にはしっかりとした相関関係を築くことができた。

1

に格付けされた。

17

サラブレッド系種の平地競走以外の格付け [ ] よりでもグレード制(J・GI, J・GII, J・GIII)が導入された。

18