如意 伝。 にょいでん(如懿伝)の史実や時代背景は!?主題歌も調査!

美しく気高く賢い如懿が一途に 乾隆帝を愛し、支える様子が心に響きます。 張廷玉 ちょうていぎょく…朝廷の高官。

14

二人の愛が試される危機が次々と襲うドラマチックな展開はハラハラの連続だ。 夜になり帰ってきた春嬋はありのままを話し、悪事については何も言わなかったと伝える。

11

「経幡を安華殿に供えながら、あいじゃーは如懿に敬服しました 朝廷や後宮では権勢や寵愛を巡り、争いが繰り広げられています 如懿は寵愛、権勢、皇后の位、一切、目もくれませんでした ただ皇帝への情を貫き、善には善の、悪には悪の報いをと願った …あいじゃーは思うのです 権勢のために躍起になっていた私と良心を忘れなかった如懿、どちらが幸福なのだろうかと」 一方、永寿 エイジュ 宮に捨て置かれた衛嬿婉はようやく目を覚ました。 そんな中、 如懿の父・那爾布(なるぶ)の訃報が届くのだった。

皇太后は狂った衛嬿婉に永琰を会わせるべきではない、解決策をと言った。 蓮心が王欽に暴力を振るわれていた、さらにマイ貴人に関する噂の出どころは王欽だったと証言し、 如懿は皇帝の信頼を取り戻す。 『如懿伝』の乾隆帝は真面目な好青年で、妃に迎えた幼なじみの恋人・如懿を守るために心を尽くすことに。

13

烏拉那拉 ウラナラ青桜は福晋選びを途中で抜け出し、皇后の千里鏡を持って遊んでいた。 87話は長かったが見応えはたっぷり。

20

蘇绿筠 そりょくいん…純皇貴妃。

7

返却期限はないから、 延滞料の心配なしです。 参考リンク: しかし本記事では 乌拉那拉 ウラナラ 氏で進めます。

7

弘暦と幼馴染。 第85話 口封じ 如懿は第12皇子・永璂を皇貴妃・衛嬿婉から守るため皇太后に託す。 雍正帝は国事と婚姻は結びついていると話し、福晋を富察琅嬅に迎えるなら側福晋を青桜にしても良いと言った。

6