19 セルテート。 シャアラバ中に19セルテートが壊れた!

巻き心地だけじゃなく、実釣に関係ない各部操作感も19セルテートを上回っていると感じる。 これ、売れると思います。 テクノロジーを比較 それぞれに使われている技術を見ていきます。

14

自分の体のように軽やかに操れるリールをつくる。 実際の使用感はどうだったのか、詳しくインプレしていきます。

【フェラーリが下道をチンたら走ってるようなモン】 サーキットやアウトバーンといった超高速の世界でのみ、その性能がフルに発揮されるんですよね。

17

今回のセルテートは購入前に、気になっていたことを確認していたことも有るので、あんまり無い・・・。

4

やっぱりラインローラーがうるさい! なのでパーツの組み合わせによって 「完全ブラックのセルテートを実現出来る」わけですね。

15

アクションの制度も高くなります。 今回の釣行時は200〜600gのアオリイカを釣り上げたが、いずれもスリルを楽しむ間もなくかんたんに浮上させてしまった。 強度に深く関係があるものですが、イグジストは下、セルテートは上につけてあります。

4

青い海にセルテート、映えますね~。 いや〜とんでもないもの作っちゃいましたね。 店員さんから聞いた話だと購入してから日があまり経っていなくてもリール自体にキズなどが多ければ無償対応は出づらいとのこと。

3

専用リールをたくさん買うよりも、セルテート LT3000-CXH1台でいろんな釣りを楽しんだ方が、快適でコスパもGOODですよ!. 不満は全くないです。 同じ番手とか何かしら持ってたら換えが効くかもですが、全てを「黒」にしようと思うと結局買う必要がありまして、とりあえず5万円超えの価格になっちゃいますね。

16