テリボン 自己 注射。 【薬剤師監修】骨をつくる注射テリボン。〝不安〟と〝悩み〟を抱えるあなたへ

」 そんなことを言われても、なんだかパッとしなくて…。

8

また、血清カルシウム値の測定を行い、持続性高カルシウム血症と判断された場合には、本剤の投与を中止すること。 妊婦又は妊娠している可能性のある女性〔9. 重大な副作用• 本剤の自己注射にあたっては、使用説明書を必ず読むよう指導すること。 重度腎機能障害患者:臨床薬理試験において、血中からのテリパラチドの消失に遅延が認められている〔16. インタビューフォーム• (テリボン皮下注用56. インタビューフォーム• なお、本剤の投与は24ヵ月間までとすること• 重篤な肝機能障害を有する患者:臨床試験では重篤な肝機能障害を有する患者は除外されている。

8

テリボン 皮下注 の副作用は、 一時的に血中濃度が高くなることで出現しやすいと言われていました。 骨粗鬆症以外の代謝性骨疾患の患者 副甲状腺機能亢進症等 [症状を悪化させるおそれがある]。

テリボンの役割は、私たちのからだの中で骨をつくり出してくれている 〝骨芽細胞の働きをUPさせること〟 にあります。 部位は違っても、注射手順は下記の通り。 呼吸器: 頻度不明 息詰まり感、咳嗽、喘息、鼻漏、副鼻腔炎、咽頭不快感。

しかし、中にはショックを起こし心肺停止を起こしている事例もあり、注意深い観察が必要と考えます。

20

フォルテオ皮下注からの切り替えはある? フォルテオ皮下注からの切り替えはあり得る。 効果のあるというテリボン注射が使えないと言われてがっかりしましたが、医者の判断にゆだねるほかはありません。

4

1.1. 低血圧の患者:一過性の血圧低下があらわれることがある。

注射をしたのが10時少し前、薬局で薬をいただき少し遠い我が家に着くころには頭痛がひどくなり、その後お腹が痛くなってきました。 毎日少ない量を投与するか、ある程度まとまった量を1週間に1回投与するかの違いです。 今までは週に1回の来院を必要としていましたが、患者さんの状態さえ許せば受診間隔を1週間以上にあけることも可能となりました。