受取 配当 金 益金 不 算入。 悩ましい!『評価明細書 第4表』1株当たりの年利益金額の受取配当等の益金不算入額にかかる所得税額の記載金額は?|お役立ちコラム|経理アウトソーシングのCSアカウンティング株式会社

(1)受取配当等益金不算入制度の趣旨 受取配当等益金不算入制度は、配当金を支払う法人において配当金の支払原資に対してすでに法人税が課税されており、配当金を受取る法人においてその配当金に対して法人税を課税すると二重課税となってしまうことから、二重課税を排除する目的として設けられている規定になります。 外国子会社の配当 (2)益金不算入の対象とならないもの• 2.益金不算入の計算~2つの区分 法人が、他の法人から配当を受け取った場合、企業会計上は、 受取配当金として収益計上されます。 そうだったっけね。

4

よって、本問は(4)の405,919円が控除負債利子となる。 キャピタルゲイン部分まで益金不算入となるのはおかしいという観点で対象外となっています。

2

配当金も益金不算入にする代わりにその株式取得のために支払った利息くらい差し引けということなのでしょう。

4

ハ、貸倒引当金の加算 貸倒引当金の対象となる総資産とされる資産は、貸倒引当金控除前の金額である。 以下次の(4)非支配目的株式等についても同様である。 どうしてこのような制度があるのかというと、法人が受け取る配当金に対して二重課税を防ぐ目的です。

不動産投資信託の収益の分配(いわゆるJ-REITです) 二重控除を防止するルールもあった!短期所有株式の配当の特例 配当を得るための元本を配当基準日直前に取得し、配当を受け取り、その後すぐに元本を売却した場合には、売却金額は配当金を受け取る権利がなくなった分だけ下落することが予想されます。 完全子法人株式等から非支配目的株式等までの区分の判定を誤ってしまうと、益金不算入する金額が変わり、法人税等の金額が変わってしまいます。 「特定株式等以外の株式等」 この場合の特定株式等とは、内国法人が他の内国法人(公益法人等又は人格のない社団等は除きます。

19

【まとめ】 上記をまとめると、期中に株式買収で100%子会社化した会社から配当受け取る場合に、受取配当金の益金不算入規定と源泉所得税の税額控除をフルに活用するには、買収後の初めての決算時ではなく、2回目以降の決算時に配当を行う必要があるということになります。 完全子会社であれば受取配当金は全額益金不算入なので、無税で親会社への資金移転が可能。

15