水疱 性 類 天 疱瘡。 類天疱瘡:症状、タイプ、および治療

このほかの治療法に、アザチオプリン、ミコフェノール酸モフェチル、ダプソン、メトトレキサート、シクロスポリン、シクロホスファミド、血漿交換療法、エリスロマイシン、テトラサイクリンとニコチン酸アミドの併用療法などがある。 類天疱瘡の他の治療法としては、• 原因 IgG抗表皮基底膜部抗体による自己免疫性疾患である。 血清中にデスモグレインに対する抗体が存在し、かつその抗体が組織に沈着している、つまり攻撃してることが確認できれば尋常性天疱瘡と診断されます。

4

腔粘膜などに水疱やびらんが生じることがあります。 「きっと処方間違いだろう」と思い込んで疑義照会すると、医師から「そのままで」と言われるだけで、困惑すると思います。 また、尋常性天疱瘡の確定診断には、患者さんの組織を一部採取して病変を調べる生検が必要不可欠となります。

14

しかし、この免疫機能に異常が起こると、自分自身の体を標的として攻撃してしまうことがあります。 French Pharmacovigilance Databeseの調査ではビルダグリプチンによる水疱性類天疱瘡が多いと報告されている。

天疱瘡とまとめて自己免疫性水疱症とも呼ばれます。

1

この病気はどういう経過をたどるのですか 皮膚科専門医により、早期に正しい診断を受けることが大切です。

6

細目に医師に診てもらうようにしましょう。

16

注1) 寛解状態:薬を飲んでいるが、病気による症状が消失した状態。 類天疱瘡は、血液中に存在する皮膚の基底膜に対する自己抗体が自己抗原に反応して、皮膚を傷害し、皮膚に水ぶくれ(水疱)を作る病気です。 まれに小児例もある。

16

軽症例で、テトラサイクリン・ニコチン酸アミド併用内服療法というのも行われることがある。

18

研究ではそれぞれに異なる比較が検討されていたが、プラセボ群を設けた試験はなかった。 粘膜類天疱瘡では、口腔内,眼粘膜にびらんを生じ瘢痕を残し、時に眼瞼粘膜や喉頭粘膜の癒着により失明や呼吸困難をきたす。 DPP-8,DPP-9の阻害と水疱性類天疱瘡の関係は明らかでないが、発症に関与している可能性もある。

10