ナイキ オデッセイ リアクト 2。 27km走って体感! ランニングシューズ新導入の「ナイキ リアクト」

これが中級者用シューズであればまあ走りやすいのは良いと思います。 と言っても、約半年程度の寿命ですね。

19

また、合わせてリアクトフォーム搭載の新モデル、ナイキ オデッセイ リアクトも加わり、それぞれ4月19日から発売します。

13

8割方のランナーが25キロ過ぎから失速していきます。 前作の安定性のある走り心地に、通気性とフィット感がプラスされたイメージです。

11

シューズの軽さと反発のバランスが相当良い。

12

まあ、根性無しと言われればそれまでですが。

6

弾むような反発性とソフトなクッショニング性は、かつてない優れたライド感を実現します。 また、シューズの横幅は広くなっていますが、広くなったのはミッドソール部分で、インソールは変わらなそうです。

5

ナイキ オデッセイ リアクトは、ナイキ エピック リアクト フライニットの開発と同様にランナーの意見をもとに生まれました。 価格は前作と同じにも関わらずアップデートが施され、上級者も納得のランニングシューズとなりました。

18

しかし、決して柔らかすぎではないのです。 前作は履き込んでいるので汚れが目立ちますが、ミッドソールは変更がなさそうです。 アッパーは、フライニットと呼ばれる糸を編み上げて作るナイキ独自のニット素材でなく、丸編みのジャガードメッシュである。