ツイン ドラゴン はなはな。 ツインドラゴンハナハナ

過去シリーズの虹点灯は高設定期待度が大幅アップするものの、低設定でも選択される可能性があったため、ツインドラゴンハナハナも同じような振り分けになっている可能性が高そうですね。 そして、虹は高設定示唆といったように、 グレートキングハナハナと傾向は変わらないようです。 導入日に設定6と思しき台を掴んだ事がありましたが、その時の出玉は5000枚を超えました。

レトロサウンドによる設定判別 設定 発生率 1 6. スペック解析 基本情報 導入日 2018年10月15日 導入台数 (販売目標) 5,000台 タイプ Aタイプ コイン持ち (設定1) 50枚あたり約36G コイン単価 (設定1) 約2. そのため、同じ「コスたま」から同じアイテムが重複して当選する可能性があります。 とは言っても、ある程度腰を据えて回さないとこの辺の確率は荒れますから、その点は悩ましい所ですね! REG中のサイドランプ判別• 通常時の小役はこれまでのシリーズと同じくベルに設定差が!?サンプルを多く取らないことには判断材料として使えないかもしれないがその他の要素と併せての判断材料となりうるためカウントをおススメする。 MAXBETボタンが緑色に変化 プレミア演出にも設定差はありませんので、発生しても無駄なヒキ強という事になります(笑) まとめ 看破すべきポイントとしては、従来通りの サイドランプフラッシュとスイカ、REG、龍玉の4点ですね! 特にツインドラゴンハナハナでは色演出が重要になっているので、 自分以外の台も盗み見ておく事で高設定台のハイエナがしやすくなったと言えます。

スイカの取りこぼしに注意 新台のツインドラゴンハナハナ-30は、今までのハナハナシリーズと同じ打ち方で問題ありません。 連チャン時のレトロサウンド 歴代ハナハナシリーズと同じく、ツインドラゴンハナハナも高設定ほど連チャン時にレトロサウンドが選択されやすくなっています。 コンビニ脇の坂道を下ってすぐ左手にございます。

3

折れない!!いけっ!俺! すると. お馴染みの技術介入要素あり ツインドラゴンハナハナ-30のREG中にも、ハナハナシリーズでお馴染みの設定判別要素あり。 BIG・REGごとに演出が異なるので、しっかり網羅しておきましょう! BIGボーナス• 設定判別・設定差解析 こちらでは現時点で判明している、ツインドラゴンハナハナの設定差を1つずつ解説しています。

6

ナチュラル感のあるラインがほしい時のちょっとしたポイントに使用したり 枝を大きく使い、ディスプレイのような造形的デザインにもおすすめです。

19

・ボーナス終了後の龍玉パネルフラッシュの色で設定を示唆。

ボーナス告知割合• スペック面に関しては、ボーナス確率やコイン持ちに多少変更が加えられていますが、普通に打っていて体感できるほどの差ではありません。

19