えきねっと キャンセル。 えきねっとのキャンセル方法やかかる料金は?払戻手数料などの解説

では、ここでインターネットを使ってWebページ上で操作をする際に、契約行為に繋がる操作の場合に、特に大事なことを失敗の経験を踏まえてお伝えしたいと思います。 ご旅行当日の予約していた往路列車の発車時刻30分前、または朝9時30分を過ぎた場合 下記取消方法の手順に沿ってご対応ください。 しかし、予約人数を減らす場合には、人数分の払い戻し手数料が掛かります。

1

えきねっとについて詳しくはこちら。

5

運転される場合は発車6分前までに他の列車へ変更しないと大損します。 携帯からはできません。

7

指定席をご予約の場合、往路列車の発車時刻を過ぎますと指定席の取消証明が受けられず、払戻ができません。 しかし、ご利用している方の中にも、変更やキャンセルをしたい時にはどのように行えばいいのかをイマイチ把握できていないケースも考えられます。

16

要は不要になった指定席の予約をその期間の快速列車のこどもの指定席券に変更して放棄すれば330円の半額、は数は切り捨てなので160円で済む訳です。 (例2)本日3月2日に4月2日の指定席を「特典」で予約した後、3月2日の指定席に変更した場合、7月1日まで何度でも変更可能。

12

・申込み人数を減らす場合は、 減らす人数分の払戻手数料がかかります。 上記に書きましたが、「えきねっとトクだ値」の場合、 変更後の人数以上の席数が残っていない場合は 「えきねっとトクだ値」への変更はできません。 ・ 払い戻しは指定列車の出発前で未使用の場合のみ。

詳しくはこちらをご覧ください。