中国 コロナ 終息 嘘。 「中国のウソ」を葬るため、日本はコロナに絶対に負けられない理由

1.鐘南山博士及び国家衛生健康委員会の進言 2.鐘南山博士と政府の情報共有と政府の武漢封鎖の決断 3.国民の協力と情報化社会 4.中国の体制と法制 1月18日から1月20日に何があったか 1月18日に国家呼吸系統疾病臨床医学研究中心主任の鐘南山博士が武漢に行った。 イギリスのジョンソン政権は、中国の新型コロナウイルスへの対応に激怒しているようだ。 今回の新型コロナウイルスについては、未知の病原体だったことや、パンデミック(世界的大流行)によりパニック状態に陥ったために、大手メディアも含めて不正確な情報がいくつも飛び交っている。

6

武漢の封鎖解除にあたり全住民のPCR検査も実施している。 北京市は武漢から戻ってくる人の人数を制限し、全員にPCR検査を受けさせている。 9%で新型コロナウイルス前に比べても高い。

18

抑制方法を世界各国に教えるべき。 その直後から中国国内での感染の爆発的拡大が生じた。 SARSの教訓を踏まえて、このような新型の感染症が起きれば、WHO(世界保健機関)を通じ、直ちに国民と世界に対して、その脅威を警告することが国際合意になっていた。

14

net これ朝のニュースで石が言っとたが、 2月中旬に党から2月29日に収束することにしましょうね宣言があって、これに向かって各行政、メディアがそう動いた。

5

それは事実だ。 悪役を引き受け「馬謖を斬る」ことができる人である。 1月3日に武漢市は、WHOと米国にウイルスの発生について報告している。

19

党は人事について、「感染対策における湖北省のリーダーシップを考慮して決定した」と説明。 その結果、コロナウイルスをめぐる情報は、当局により歪曲され、対外的な情報戦の様相を呈している。 2月27日、中国で著名な鐘南山医師が、突如「新型コロナ」は中国発祥とは限らないと言明した。

11

なぜかって言うと3月に経済活動を復活させないと、経済的打撃が致命的になりプーが失脚する可能性が高くなるらしい。 新型ウイルス 8月に終息? 米軍の顧問を務めた専門家も「人工ウイルス」と FOXニュースに対し「武漢のウイルス研究施設から流出したものである可能性がある。

16