土地 収用 法。 No.3552 収用等により土地建物を売ったときの特例|国税庁

(平15年課法2-7「六十一」により追加、平19年課法2-5「六」、平23年課法2-17「三十四」、平30年課法2-12「二十二」により改正)• 河川法による河川、堤防、護岸、ダム、水路、貯水池• 買換え特例との併用はできません。 この記事の執筆者 坂根 大介 さかね だいすけ• 土地収用は、強制的に行うもののため、どんな事業でも許されるわけではなく、 公共目的の事業(収用適格事業)に限られています。 )について、土地区画整理法による土地区画整理事業などが行われたことに基づき、その土地等に係る換地処分等による代わりの土地若しくは建築物の一部及びその建築物の存する土地の共有持分等を取得した場合においては、納税者の選択の有無に関係なくすべて換地処分等による譲渡した土地等の譲渡はなかったものとされます(措法 33の3 )。

19

)が当該農地等を買い取る場合において、当該許可前に当該農地等の所在する地域が都市計画法第7条第1項に規定する市街化区域(指定法人にあっては同号に規定する指定計画に係る市街化区域)に該当することとなったこと 当該市街化区域に関する都市計画の決定に係る告示があった日 (最初に買取り等の申出を受けた者以外の法人による譲渡) 65の2-6の2 現物出資法人又は現物分配法人が最初に買取り等の申出を受けた場合において、現物出資又は現物分配によりその資産の移転を受けた被現物出資法人又は被現物分配法人が収用換地等による譲渡をしたときは、当該譲渡は、最初に買取り等の申出を受けた者以外の法人による譲渡に該当することから、当該現物出資又は現物分配が適格現物出資又は適格現物分配に該当するかどうかにかかわらず、当該譲渡につき措置法第65条の2第1項の規定の適用はないことに留意する。 一 土地等に係る事業所得等の金額(第五項第二号の規定により読み替えられた所得税法第七十二条 から第八十七条 までの規定の適用がある場合には、その適用後の金額。 事業認定は、その事業について土地収用の必要があるかどうかを判断し、事業者に収用する権限を与える手続きです。

13

土地収用の手続 [ ] 事業の認定 [ ] 起業者は、事業のために土地を収用し、又は使用しようとするときは、又はの事業認定を受けなければならず、認定を受ける前に、国土交通省令で定める説明会等で事業の内容を利害関係を有するものに説明しなければならない(土地収用法第15条の14、第16条、第17条)。 収用交換等の場合の譲渡所得の特別控除 収用により譲渡所得が発生したとしても、発生した譲渡所得から5,000万円を差引いて所得を計算する特例です(措法33条の4、措法65条の2)。 金銭払の原則 次に「金銭払いの原則」があります。

4

(明治30年法律第29号)による砂防設備又は同法が準用される砂防のための施設• 土地又は土地の上に存する権利 建物(附属設備を含む。 すなわち、譲渡資産の取得価額を引き継ぐことで課税を繰り延べるので、将来売却する段階で課税が発生します。

4

土地収用ができる事業 土地収用法には51種類が定められていますが、以下が主な事業(第3条各号の事業)です。 Q2.審理の期日に、どうしても都合がつかないのですが、どうすればよいですか? A2.土地所有者又は関係人が審理において意見を述べる必要があるにもかかわらず事情により出席できないような場合には、意見書を提出することができます。 この特例を受けると、売った金額より買い換えた金額の方が多いときは所得税の課税が将来に繰り延べられ、売った年については譲渡所得がなかったものとされます。

3

ただし、既存の権利を相続や贈与などによって承継した者は関係人に含まれます。

17