九州 新幹線 人身事故。 運転士、異音報告せず 台車亀裂の教訓どこに 新幹線「のぞみ」人身事故|【西日本新聞ニュース】

原因は内で列車が停車した後に加速し、ショートして架線が破断したためである。 事故発生から約7年7カ月で連続立体交差事業に工事着手できるのは異例の早さである。 さらにJR西日本の所有新幹線台車303台のうち、他の車両分の100台が規定厚さ未満まで削られている事も判明、当該台車は順次交換するとした。

9

けが人はなかった。

復旧に当たってJR東日本盛岡支社と東北森林管理局では2016年9月に斜面の安全対策工事に着手し、斜面上部の国有林は森林管理局が担当し、グランドアンカー約140本を打ち、約1万2000立方メートル土砂を撤去した。 大きく損傷した前述した5両は、東京総合車両センターで解体された。 東武伊勢崎線は - 間を複々線化する際、同時に - 竹ノ塚駅間の一区間を除き高架・立体交差化を行っていた。

1

その後の調べで、踏切の軌道回路受信器の安全マージン設定が不適切だった所に短絡不良が発生したために遮断機が誤作動したと判明した。 JR西日本はこの事故を重大に受け止め、同社役員の返上を実施した。 2019年12月8日九州新幹線「新八代駅」で起きた人身事故の概要は? 12月8日(日)九州旅客鉄道(株)によると、午前11時53分頃に九州新幹線「新八代駅」の駅構内にて人身事故が発生したとのことです。

5

原因はダンプカーがスリップしたことにより踏切内に侵入したためであるが、当日は風速4 - 5mの吹雪が吹いており、ダンプカーの運転手の証言によると、踏切の警報機の音が聞こえなかったという。 15日の会見で「運転士と駅係員の中にダイヤを絶対に乱してはいけないという感覚があったのではないか」と問われた平野副社長は「本人たちとのやりとりでは確認していない。

3

この事故で普通列車の運転士1名が負傷した。 当日は貨物列車が約10分遅れだったことから富士駅始発列車を先行させることとし、貨物列車が到着する番線の出発信号機に「停止」を現示したがこの停止信号を見落として進行したため場内信号による注意現示速度以下の速度で出発信号80m外方の過走防止速度照査が動作して非常制動が働き、75m冒進して停止した。 この事故でJR東海は、遺族との賠償協議が合意に至らなかったことから、にに、運行に支障が出たなどとして提訴。