夏 風邪 熱 が 下がら ない。 発熱した体温別(37度・38度・39度以上)の適した対処法は?医師518人に聞いてみました

発熱の原因となる病気は、風邪のような身近な病気から重い病気まで様々ですが、ウイルスや細菌に体する防衛反応として熱がでるという仕組み自体は同じです。

8

、具体的に解説します。 いつまでも熱が長引くということは、免疫機能が正常に機能していない可能性があります。 これによって、関節リウマチや肋骨の変異などが生じるリスクも出てきます。

18

60代男性 一般内科 家で安静にする・水分補給をこまめに行う まずは安静にして水分を十分にとることです。 川崎病の可能性がある このサイトでも何度も説明しているように、原因不明の病気が川崎病です。 流れ作業のように患者を扱ってる」という風に、 受け取られてしまいます。

そして夜更かしはせずに、十分な睡眠と栄養があるきちんとした食事をするようにしています。

16

病院に行く際は、いつごろから熱があるのか、他にどのような症状があるかを伝えるようにしましょう。 乳幼児に多く起こる症状で、大腸菌やインフルエンザ菌などが原因で引き起こされます。 脱水症状の危険性がありますので、水分補給だけは必ず行うようにしましょう。

8

また、おたふく風邪は子供で多く発症するとされていますが、大人でも発症することは多いです。 一般的にはいわゆるがんよりも治療の成績が良いと言われており、早めに治療する事が大切です。

20

37度台の時と基本的な対応は同じでも、受診するタイミングを逃さないようにする必要がありそうです。 喉の痛み• 治療期間は、だいたい 2~3日ほどで、 この数日を耐えれば、熱は下がります。 また、子どもに限らず大人でも、身体が回復するにつれて熱を一度は下げても、まだ免疫力が低下しているので、また熱が上がってしまうそうです。

12