スイフト スポーツ 中古。 スイフト&スイフトスポーツの中古車が熱い!! 速くて楽しくてさらに安い!!

メッセージをきっかけに、まさに解き放たれたかのごとく縦横無尽に駆け抜け、見る者の「走りの情熱」を呼び覚まします。 今の時代の日本を代表するホットハッチと言えばスズキスイフトスポーツにとどめを刺す。 25万円以下•。

17

新プラットフォームを採用 スズキの主力コンパクトカーの4代目。 ミュージックサーバー• パークアシスト 過給器• CDナビ• 電動リアゲート• 専用チューニングが施されたエンジン、専用のサスペンションやエアロパーツを採用。 電動格納サードシート 外装• 30万円以下• なので探すときのポイントをまとめると ・個体の程度 ・6MTかCVTか ・ハロゲンかHIDか ・純正オーディオか社外ナビか の4点に注目するときっとベストな1台に出会えると思います。

13

また、HID車にはオートライトシステムも同時に搭載されるので利便性も上ですね。 後席モニター• ピックアップトラック• ただし、正式な発表はされていないものの、車両重量のカタログ値が2型になってから10kg軽く記載されています。 それ以来現在まで同じコンセプトで進化を続けている 先代は50万円以下のモデルもある 2代目からのキープコンセプトのデザインで登場した3代目。

8

ABS• 現在も中古マーケットで人気が高く高値安定 マシンの高性能化に伴い車両本体価格も高騰し、いつの間にかなかなか若者に手の届くホットハッチやスポーツカーが続々と生産終了し絶滅してしまった。

13

3列シート• CDナビ• アルミホイール• 15万円以下• 基本装備• 15万円以下• HDDナビ• とはいえ、CVTも7速マニュアルモード付きでスポーツドライビングに対応した設計となっているので、十分楽しめますよ! スイフトスポーツ見極め方法・その3:ディスチャージヘッドランプの有無をチェック! マルチリフレクターハロゲンヘッドランプ[マニュアルレベリング機構付] ディスチャージヘッドランプ[ハイロービーム、オートレベリング機構付・メタリックグレー塗装] スイフトスポーツに装備の異なるグレードは存在していませんが、唯一ヘッドライトのみメーカーオプションが設定されており、ディスチャージヘッドランプが選べるようになっています。 3列シート• 4WD• ハッキリいって間違い探しなみにマニアックな違いしかありません。

8

DVDナビ• 横滑り防止装置• アダプティブクルーズコントロール• これは多少の軽量化はなされたかもしれませんが、記載値は端数切り捨てなので実際に10kg軽量化されているかは謎です。

ステーションワゴン• 続いてはスイフトスポーツで最も流通台数が多い「スタンダードグレード」では、中古車の平均走行距離は直近3カ月で約4000kmから約9000kmへと倍増しているものの、平均価格は約166万円付近を横ばいで推移している。 3kgmのスペック。