クリストファー プラマー。 指定されたページが見つかりません。|Infoseekニュース

1953年には、カナダとアメリカの両方でテレビデビュー。 そのお姿をもう見られないのは、とても悲しい。 2017年製作の「 」では映画の完成後、ケヴィン・スペイシーのセクハラ騒動による降板によって再撮影に急遽参加する。

9

エミー賞も2回受賞した。 主演を務めた演劇「シラノ」で74年にトニー賞ミュージカル主演男優賞を受賞。 そうやって健康に気をつけ、情熱を持って仕事に挑んでいただいたおかげで、私たちは、たくさんのすばらしい作品を見ることができたのだ。

13

私たちは(2015年時点で)45年も結婚してきたから、それだけ長いこと、健康な食事を食べさせてもらってきているんだよ。 09年の「終着駅 トルストイ最後の旅」が意外にもオスカー初ノミネートとなった。 2021年2月5日、ハリウッドを代表する名優のひとり、 がこの世を去った。

4

多くのメディアがプラマー氏の代表作に、主演作ではない『サウンド・オブ・ミュージック』を挙げるのは、この作品や劇中曲が、世界の数あるミュージカル映画のなかでもトップと言えるほど、いまもなお広く深く愛され続けているからである。

20

長年の友人でマネジャーを務めるルー・ピット氏はCNNに声明を寄せ、「クリスは並外れた男で、自分の仕事を深く愛し尊重していた。 50年代にブロードウェー・デビューを果たし、ジュリー・アンドリュースさんと共演した「サウンド・オブ・ミュージック」(65年)のトラップ大佐役で広く知られるようになった。 心地よかったんだ。

15

91歳だった。 転倒し、頭部を打撲したことが死因だと伝えられている。

17

脚本・監督は、リドリー・スコット監督作『白い嵐』(1996)を執筆したトッド・ロビンソン。

16

その後の「ゲティ家の身代金」でのノミネートはこちらも当時88歳で最高齢記録となっっている)。 高校の劇で「高慢と偏見」のダーシーを演じたのが舞台批評家兼アマチュア演出家の目に留まり、舞台デビューへとつながった。

性格俳優としても知られ、舞台、テレビ、映画で活躍し、トニー賞やエミー賞を受賞した。 82歳の時に「人生はビギナーズ」でアカデミー賞を受賞したほか(名誉賞ではない受賞として最年長)、2010年に文豪トルストイを演じた「終着駅」で、さらに2018年には「ゲティ家の身代金」でも同賞候補になった。 遺作となった本作『ラスト・フル・メジャー』では、ハリウッドの重鎮たちが揃った中でも、とりわけ深みのある芝居をじっくりと堪能することができる。

18