7 月 製作 0 歳児。 【7月】個人案の文例【0歳児】

また、園で変化があった場合は、保護者に小さなことでも伝えるようにする。 ですので、「今日は手形の日」「明日は足形の日」という感じで、日にちを分けて取り組むといいと思います。 保育室内を存分に体を動かしながら探索活動を行なえるように完全管理と、玩具を口に入れる姿もあるので衛生管理もしっかりと行っていく。

20

皮の部分は子どもの足型の幅にあわせて、保育学生さんが画用紙をカットするとよいでしょう。 寝返りや、ハイハイにより行動範囲が広がり、今まで以上に様々な玩具に触れ興味を持ち探索活動を楽しんでいく。 離乳食を口元へ持っていくと、舌で押し出すこともある。

5

まずは0歳児の製作遊びのねらいから紹介します。 腹ばい、ハイハイ、つかまり立ち等、安全な環境の中で存分に体を動かし楽しんでいく。 今月の保育のポイント• 環境構成と保育者の配慮 低月齢・・・0歳4ヵ月~0歳7ヵ月• ねらい、解説文も用意しています。

水遊びでは、水を怖がることなく自分から積極的に遊んでいる。

園庭で遊んだり散歩に出かけたりした時に、とんぼが飛んでいると追いかけていたので、イメージがしやすかったようです。

15

また、保護者とよく連携し、子どもの様子を共有しておく。 ゆったりと水遊びができるよう、個々にたらいを用意する。 0歳児クラスの製作遊び~春~ ここからは、0歳児クラスに取り入れられる製作遊びのアイデアを紹介していきます。