Jtb 減資。 旅行最大手のJTBが中小企業になる! 資本金「23億円 → 1億円」に減資: J

優に2兆円を上回る事業規模で、その原資は血税である。 具体的には、所得金額800万円までの軽減税率適用や、年間800万円までの交際費の損金算入、研究開発投資減税の上乗せ措置、中小企業投資促進税制などの特例措置が受けられなくなった。 法人税への軽減税率の適用など、税制上の優遇措置を受けるのが主な狙いだった。

2020年4〜9月期は782億円の最終赤字。 そこで、JTBがとった手段が「減資」だ。

9

大企業に赤字でも課税する『外形標準課税』からは19年度以降も適用が除外されているほか、『欠損金の繰越控除』も従来通り適用できる」と説明する。

7

毎日新聞社も3月に、現在の41億5000万円から1億円に圧縮する予定だ。 JTBは3月末に減資を実施する。 法人税への軽減税率の適用など、税制上の優遇措置を受けるのが主な狙いだった。

その結果、シャープは計画の撤回に追い込まれた。 税制上の優遇を得ようとしているためだ。 19年度から、大企業並みの所得(過去3年の平均で15億円超。

2

税法では、資本金の金額によって課税区分が異なり、課される税金の金額が変わる。 その区分が資本金1億円超と資本金1億円以下の「境界線」だ。

3