月光 第 三 楽章 楽譜。 【徹底解説!】ベートーヴェン ピアノソナタ「月光」第三楽章 難所の練習方法

と、全部で三楽章ありますが、 初めの第一楽章の曲想がまるで「湖上に揺らめく月光」と思わせたということで「月光」という通称が定着したようです。 最後のコーダでさらに加速し、和音の嵐 ここまでに体力を十分温存しておかないとラストまではキツイです。 ギター• ドラム• ) 演奏時、(興奮のあまり)つい我を忘れがちになるこの曲、いつもつまずいてしまうあの部分、もっと冷静に弾けるようになりたいものです。

たとえば、上の楽譜にある青枠の部分では、ピアノで弱い音で弾く部分なのですが、枠で囲った上行の部分で一気にクレッシェンドを入れると緊張感とか面白さとかいろんな要素が出てきて、非常にノリがよい演奏になってきます。

16

手首を軸にして左右にシーソーするイメージです。 早く弾くと 手をブルブルと振っているような感覚になるのが理想です。 この曲は第1楽章が特に有名ですので、第1楽章だけ弾きたいということであれば比較的気軽にチャレンジできる曲ですし、第1楽章から練習を始めて第3楽章で挫折してしまったとしても、有名な曲を弾けるようになったという意味での成果は残るといえます。

7

たとえば、以下楽譜の赤枠の部分ですが、楽譜では「p(弱く)」だけが記載されていますが、スタッカートの切れを良くし、ほんのちょっとcrescendoとaccelerandoで弾いてみると切迫感や緊張感が非常に伝わってくることが分かると思います。 可憐で可愛らしい刹那的な第二楽章 束の間の現実逃避というか、二人だけのお花畑的なイメージです。

10

また19世紀のベートーヴェン研究者のヴィルヘルム・フォン・レンツ(1809~1883)によれば、作曲家が庭園で伯爵令嬢に即興演奏したという逸話から、ヴィーンでは「園亭のソナタ」という通称もあったとのことである。 ベートーヴェンの「月光ソナタ」はとても人気のある曲で、特に神秘的な雰囲気の第1楽章は知らない人の方が少ないぐらいではないかというほどの有名な曲ですね! ベートーヴェンが数多く作曲したピアノソナタの中でも「悲愴」「熱情」とならんで三大ピアノソナタと銘打たれるほどで、内容的にも非常に充実した芸術性の高い作品でもあります。 30、32小節目 トリル付きオクターブ はじめは弾きにくい部分です。

5

非旋律的な分散和音(Aとする)の忙しない動きと、次第に間隔を狭めるsfと和声変化によって、楽章冒頭から音楽は急速に高揚する。

21小節〜 左手のアルベルティバス アルベルティバスとは、単音の例えばドソミソような音形を高速で繰り返す伴奏のことです。

18

また、アルベルティバスは頭で理解しながら弾くというよりも、反復練習などで体に覚えこませて弾く方が失敗しにくいです。 ぜひともこの第三楽章をマスターし、ピアノソナタ「月光」を第一楽章から通しで演奏できるようになってくださいね! この記事があなたの練習の一助となれば幸いです。 まさにその通りで「右手の音たちと左手の音たちが楽しい舞曲をちょっと冗談でも言いあいながら戯れている」ような演奏を目指すと、聴いている人たちをひきこむような魅力的な演奏ができるでしょう。

17

ぜひとも劇的に弾ききりたいですよね。

3